ひそかな楽しみ

バァの味噌、第一弾が完成。
b0317003_13410547.jpg
わが家では、このように2キロずつ小分けして、冷蔵庫で保存しています。本来ならば、味噌は保存食なのだから、そのままドンと樽に置いておいても良いわけですが、ワタクシは現代人で、いろいろと贅沢でもあり、モノグサにもなっておりますから、何かと使いやすくないと結局使わない、ということも起こり得ます。それで、文明の力も借りて、風味の良い、美味しい味噌汁を毎日食べられる、というこの形に落ち着いて、5年くらいがたちました。

味噌作りはとっても楽しくて簡単、使うのも楽、というふうに感じるので続けていけるのかな、と思います。

チョボチョボとなっている畑のナス、植え付けるのが遅れに遅れて、今頃になってやっと伸びてきたツルムラサキ、などなどを実にして味噌汁を作り、昨日初めて今年の味噌を食べました。

家族にも概ね好評で、ホッとしたところです。第二弾ももうすぐ出来てきます。

「(混ぜているうちに)味噌が出来てくるのが、楽しみじゃもんね」とバァが言っていたように、これは、とっても地味なことですが、ひそかな楽しみなのです。こういう楽しみって、なかなかいいものです。

地味でひそかな楽しみ、と言えば、8月に子供たちの「つちだま」作品に植えたサボテンが、どうも大きくなっているように見える、ということがあります。

気のせいだろうか、と思ってよくよく見てみて、前に撮った写真と比べてみると、やっぱり柱サボテンが長くなっている!
b0317003_14065276.jpg
じっとして黙ってるくせに、ちゃんと大きくなっているなんて不思議、と思います(動き回って喋っても困るが)。


[PR]
by sanahefuji | 2015-09-08 14:12 | 雑記 | Comments(0)

ここは五島列島福江島 「かたし」とは椿の古い呼び名です。Iターンで新規就農した私達が週に一度だけやっている直売所「かたし」での出来事、農家暮らしの日常などなど。日本の端っこで繰り広げられる人生劇場を綴っていきます。


by sanahefuji