歌は心の栄養

「今年はホイ 娘がホイ モグラの学校の一年生 そらホイ どっこい ざっくりほい♪」
b0317003_07492424.jpg
昨日とあまり変わってないように見えますが、シャベルの長さで見てみると、おっ、ちょっと進んでますね、と分かるでしょう。

オトナになってから口ずさんでみると、モグラのおじさんは、一年生になる娘のためにせっせと道普請をしていたのか!ということに気がついてハッとして、何かこう胸に響くものがある「シャベルでホイ」ですが、この歌、夫は知りませんでした。わずか2歳の年の差だというのに、ジェネレーションギャップを感じますな。

そして、この歌がサトウハチロー作詞で中田善直作曲と知って、またまた驚きました。遠い昔にほんのちょっと歌ったに過ぎず、しかも中田氏の代表作「ちいさい秋みつけた」などと比べれば単純にも思えるこの「シャベルでホイ」を、今こうして口ずさんでしまう、というのはさすが一流のヒトビトのお仕事!と思わずにはいられません。

娘が一年生になるから、せっせと道普請をしているモグラのおじさんのように、そうかそうか、お父さんやお母さんは子供のためにせっせと働けばいいんだなぁ、と激しく納得してしまうじゃありませんか。

暮らしって、こんなふうに単純なことではあるまいか。

今日は朝から3回の餅搗き。
b0317003_07530775.jpg
いつもは金曜日が餅搗きなのですが、明日は高校の用事があるので今日にしました。

朝5時に火をつけて、弁当を作って、朝ごはんの準備をして、洗濯物を干して、ご飯を食べて、保育園の準備をしてコータローと歩いて行って、餅を搗いて、さて今からは竹かご作り。

そらホイ どっこい ざっくりホイ♪

昨日のゴスペルを聞いても思ったけど、歌って元気になりますね。









        v

[PR]

by sanahefuji | 2015-12-17 09:42 | 新生「かたし」ができるまで | Comments(0)