オジサンからコドモまで

夜の部「かたし」の完成を心待ちにしている、おとーさんたちに朗報!

解体中の家から上等の畳をもらってきました。
b0317003_13581492.jpg
夜の部「かたし」、つまり「かたし」を宴会場として使うためには、どうしても畳でなければなりません。というのも、この建物というのが、椅子席で大人数を収容できる広さはないからです。

「起きて半畳 寝て一畳」という言葉もあるように、畳だと座るのも寝るのも省スペースで良いので、こじんまりとした昔の建物にはうってつけであります。

b0317003_13592325.jpg
左の扉は、また別の家から頂いてきました。右は製材した材の端っこらしく、なんと薪用として売られていました。軽トラに積み放題で2500円!「かたし」では、これに鉋をかけて壁板にする予定。

b0317003_14002574.jpg
トイレに上がる階段も、上等なのがきました。

何はなくとも、宴会場とトイレ、これが必須の夜の部「かたし」です。

ワタクシとしましては、昼の部は、素朴ながらも、なんかちょっといい感じ、というのを目指したいところですが、さてさてどうなることやら。

今日も地道に作業中の「かたし」です。

b0317003_14154630.jpg
日めくりカレンダーを製作中の1月2日、コータローのお友達が遊びに来てくれて、製作に参加してくれました。

オジサンもコドモも、そしてもちろんお母さん、お姉さん(「かたし」路線はこの層が一番ビミョウ)も楽しめる「かたし」にきっとなる、と思うなぁ。





[PR]

by sanahefuji | 2016-01-13 14:22 | 新生「かたし」ができるまで | Comments(0)