今日は骨休め

今日は雨の日曜日。

来週とその次の日曜日には行事が入っていますが、今日は幸い何もないので、久々に骨休めの休日です。

b0317003_14165668.jpg
「かたし」内部は土埃がひどくて、飾りっぱなしだと汚れるので、お店が終わったら箱にしまうのだけれど、なんだか今日も見ていたい気がして、もう一日飾ろうかな、と延長して飾っています。

金曜日、いつものように餅を搗いたりパンを焼いたり、その合間に、家の畳も変えようか、ということになったり、で、ただでさえ忙しい週末が、ますます忙しくなって、今日はさすがに疲れがでました。
b0317003_21524316.jpg
この家に引っ越してくる時に、やっぱりもらってきた古畳をはがすと、そこには2002年の11月の新聞が敷いてありました。そしてすごい埃!急きょ大掃除して、新聞紙は2016年のものにして、
b0317003_21542437.jpg
「かたし」にもらってきた上等の畳の余分を敷きました。今までは、畳がボロボロすぎて、上に畳カーペットみたいなのを敷かねばならなかったのですが、こんなに上等の畳になると、家まで上等になった気がします。ありがたいことです。

昔のヒトにとっても畳の表を替えるのは容易なことではなかったらしく、竹修行の師匠が言うには、昔は畳を大事にしていたから、夏の間は畳をはいで板の間で生活していた、とのことでした。

子供がドタバタ相撲をとったりしていると、お母さんがコラーッと怒り、すると子供たちはパーッと外に逃げ出し、その子供たちに向けて、お母さんが天秤棒を槍投げのように投げつけていた、という話に大笑いしたことでした。

昔の世界はみんな逞しいなぁ。子供も野生動物並みの敏捷さですな。

イマドキの子供に天秤棒を投げつけたりしたら、逃げきれる反射神経はないかも、と思ったことでした。

「かたし」の改築のおかげで、家も少しずつ整備されております。













[PR]

by sanahefuji | 2016-01-17 15:04 | 雑記 | Comments(0)