困った時はやっぱりカレー

b0317003_13034496.jpg
7月が始まりました。この日めくりの18日くらいまではお正月に書いていたのですが、あれからもう半年たったとは!!

本当に月日が過ぎるのが早いこと。

日めくりにもありますが、金曜日は「木ノ口かたし」の準備に追われます。

「木ノ口かたし」が4月2日に正式オープンしてから明日でちょうど3か月。しみじみ振り返ってみるに、それはワタクシの「片付け修行」の始まりでもあったのだな、と。

とにかく「片付けること」が増えました。台所の片付け、部屋の片付け、ゴミを分別して出すことなどなどが、今までの2倍ではきかないくらいに増えました。

ここにも何度も書いている通り、ワタクシは片付けが本当に苦手です。なのでチンタラとやっていると、それだけで人生が終わってしまいそうな気がしてくるくらいです。

サッととりかかり、ササッとすませ、他のことに人生の時間を使えるようにならねば、と思います。

それはともかく明日の「木ノ口かたし」は料理担当の夫が不在です。さて、困った。

もっぱら「片付け担当」のワタクシですから「かたしのお昼ごはん」はどうしよう、となるわけですが、ここは困った時のカレーでいこう、ということになりました。

とは言えワタクシも「かたしのお昼ごはん」作りを実は3年間ぐらいは担当していたので、その時の感覚が甦ってきます。久々にドイツの農家の昼ごはんでいつも食べてたサラダを作ろう、とか、畑でインゲンがとれるのでそれを使おう、とかいろいろ考えているところです。

しかし、店番も料理も片付けも鶏小屋などなども一人で、となると、それやはりタイヘンなので、助っ人が来てくれることになりました。

これで一安心です。

というわけで、明日の「木の口かたし」、いつもとは違う体制でお待ちしておりますので、どうぞヨロシク。


[PR]
by sanahefuji | 2016-07-01 13:41 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)

ここは五島列島福江島 「かたし」とは椿の古い呼び名です。Iターンで新規就農した私達が週に一度だけやっている直売所「かたし」での出来事、農家暮らしの日常などなど。日本の端っこで繰り広げられる人生劇場を綴っていきます。


by sanahefuji