人気ブログランキング |

オリンピックが急に身近になった

ワタクシの従姉の子供がリオ五輪の選手になっていた、ということは先日ラジオで知ったばかりですが、知ったからには応援せねば!と本日の深夜になんとか起き上がって観ましたよ、競泳の200メートル平泳ぎの予選。

そしたら、予選は全体の8位で準決勝に進出。

そして今日の11時頃からあった準決勝、なんとオリンピック記録を出して決勝進出!

となったではありませんか。思わず「おー、ヤッタヤッタ」と手をたたいてヨロコびました。

ワタクシの従姉の子供というのは、そう、競泳男子平泳ぎの渡辺一平選手です。

ワタクシは故郷を離れて久しいので、彼を見たのはほんの数回、それも小さい頃のことで、何も交流はないのですが、彼の祖母、つまりワタクシの叔母は子供のころのワタクシには近しい存在でした。

叔母は母親がいないワタクシたち兄妹の世話を何かとしてくれていたし、お盆や正月といえば家に泊まりに行くのが楽しみだったし、中でも忘れられないのは立派な運動会の弁当の中の芋の天ぷらと、夫を連れて行った時に出してくれた「ツワブキ」の煮しめです。

「母ちゃんの味」ってああいうのかなぁ、と温かい気持ちになって思い出します。

その叔母がどんなにか喜んでいるだろう、と思うと、ワタクシも本当に嬉しくてなんだか泣けてきました。

あ、でも決勝はまだ明日でしたね。明日も応援したいと思います。

田舎の小さな町から、しかもごく普通の家庭から、世界を舞台に活躍する選手が出ることもある、ということが本当に多くのヒトビトの希望になるのではなかろうか、とワタクシは思います。

本当に明日も楽しみなことです。




Commented by ひとみ at 2016-08-19 17:45 x
すごいよね~
母方のおばさん?父方のおばさん?
Commented by sanahefuji at 2016-08-25 14:02
母方のおばさんです。母が死んでから、親族の中でも一番お世話になったおばさんです。
by sanahefuji | 2016-08-10 22:10 | 雑記 | Comments(2)

ここは五島列島福江島 「かたし」とは椿の古い呼び名です。Iターンで新規就農した私達が週に一度だけやっている直売所「かたし」での出来事、農家暮らしの日常などなど。日本の端っこで繰り広げられる人生劇場を綴っていきます。


by sanahefuji