晩秋の風物詩

あれはまだ3姉妹が幼かった頃、今頃の季節に何かの用事で夫が不在だった時がありました。

それは何の用で島外に出かけたのか、とか、その時どうやって過ごしていたか、とか、そういう細かいことは何も覚えていないのですか、ワタクシが上の畑でイモを掘っていたら、小さな3人が力を合わせて、畑の脇に生えている柿の木の実を取っていた光景だけをよく覚えています。

その柿は渋柿でしかも小さな実しかならないのに、一体何にしようと思っていたのか、それも定かではありませんが、その美しい秋の風景を、畑の土のひんやりつめたい感じと共に覚えています。
b0317003_13552407.jpg
その小さな渋柿、今は柿酢にしています。

柿酢ってホントに簡単にできますから、渋柿の渋抜きが面倒だったり、何も使い道のない方はお試し下さい。

作り方、というほどのこともなくて、ただ、容器に入れるだけ、です。柿を洗う必要すらないんです。
b0317003_14132896.jpg
ワタクシは昨日、物置にあった海苔の瓶と包丁を柿の木のそばまで持って行って、ぽんぽん入れただけです(今回、一応ヘタはとりました)。あとは虫が入らないように蓋をして、柿が酢になるのを待つのみ。

あ、そうそう、酢になったら、ドロドロになったのを布で濾して搾るのが少し面倒と言えば面倒かもしれませんが、なに、それだけです。美味しい柿酢が食べられると思えば、それくらいはやりましょう。料理になんでも使えますよ。

b0317003_14141722.jpg
左側のは一か月くらい前に入れたもの。水分は出てますが、まだまだです。


話変わって、今日は「奥浦さるく」という地域の散策行事がありました。

海辺の集落は、どこかワタクシの故郷に似ていて、懐かしい感じがします。
b0317003_14270295.jpg
昔はこんなふうに網はしてなかったけど、イカが干された風景、なつかしいです。

それから、こんな窓とか、こんな戸とか、ありましたありました。ペンキの感じ、なつかしい。

b0317003_14333470.jpg
b0317003_14274912.jpg

晩秋は郷愁に似ています。



[PR]
Commented by ひとみ at 2016-11-04 22:44 x
えー、柿が発酵して酢になるの?
Commented by sanahefuji at 2016-11-08 10:00
そうそう、ホラ、日本酒なんかでも長いこと置いておいたら酢になるって言うでしょ。

なんでも発酵の最後は酢になるのかな。
by sanahefuji | 2016-11-03 14:34 | 雑記 | Comments(2)