夢が広がる畑と庭

畑の端っこに、たったの4列植えたサツマイモがわんさか採れたのが嬉しくて、畑仕事や庭仕事がますます楽しみになっている今日この頃、人間って単純だな、と思います。

それともワタクシが単純なのか。

前に子供と一緒にマラソンを走った、と書きましたけど、その日の飲み会の時に、子供の成長を直に感じられるから親子で走る、というのがこのマラソン大会の目的でもあるのだから、よくぞ走ってくれた、とエラく褒めてくれて、それが本当に自分も嬉しかったと言って下さった地域の方がありました。

なんとか走れただけでも嬉しかったのに、そんなに褒めちぎってもらったことでますますワタクシも嬉しくて、もちろん走るのは遅いし、まともに走れやしないのだけど、少しずつ保育園帰りに距離を延ばしたりしながら走ってみたりしています。

来年も1.5キロ、走れるといいなぁ、と思って。

やっぱり農作業をするには何よりも体力が必要ですから、走るのは仕事のためにもなりますしね。

さてさて今日は、イモの後に麦を蒔くために、草だらけの畑の一部を少し片付けました。雨や行事や用事が多くて、畑の仕事の時間がなかなかまとめて取れないのですが、土の上での仕事がやっぱり一番「たのしー!」と思います。

b0317003_13185643.jpg
種を蒔いた時に混み合いすぎていたので間引いてきた、ちびっこカブ、本日の「木ノ口かたし 夜の部 女子会」のおつまみにしようっと。女子会、って珍しいです。「木ノ口かたし 夜の部」は殆どオジサン+若者少し、という感じなのでね。

畑の収穫物を家はもちろん「木ノ口かたし」で使える、というのがワタクシにとっては一番嬉しいことです。米、卵に続け!野菜にお花。

畑や庭の見回りは一応毎日していますが、離れた方のバラのピエールさんまで何日か行ってなかったら、あっという間に葉っぱを丸坊主にしてしまう青虫がついていて慌ててつぶしたことでした。いろいろ用事が多いと、ついついこういうことにもなってしまいます。

やはり毎日見てあげなければ、と思ったことでした。

畑と庭、夢が広がる仕事です。




[PR]
by sanahefuji | 2016-11-22 13:49 | 農業 | Comments(0)