期間限定 いろいろ餅

保育園から帰ってきたコータローが「クリントンはどうしてお金持なの?」と聞いてきました。

「クリントン?」

「この間、選挙で負けたクリントン??」

「なぜクリントン?どちらかと言えば不動産王のトランプ氏の方が金持ちでは??」

などなどとギモンでもあり、そもそも保育園児の口からクリントンという単語が出ること自体がギモンでしたので、いろいろと聞いていくうちに、コータローが聞いていたのは「クリントン」ではなく「栗きんとん」のことである、ということが分かりました。

「栗きんとんがお金持ち」というのなら、なんとなく意味が分かりますね。

お節料理の話を習ってきたのだろう、と思ったところ、その通りでした。「クロマメは?」とかなんとか続けて聞いてきましたので。

栗きんとんは、色が黄色でお金みたいだからかなぁ、などと答えたのですが、今日搗きました、こちらのお餅も色的には「金持ち」な感じです。金運財布というか。
b0317003_15012292.jpg
これはキビ餅です。確か去年も搗いたと思いますが、今年もまた搗きました。こちらは今週と来週の2回のみの販売となります。
b0317003_15024735.jpg
玄米餅と組み合わせて入れてみたりしたら、なんだかカワイイ感じです。キビ餅も普通のお餅と同じようにして食べられますので、ぜひどうぞ。

それから、注文分の黒米餅も2回搗きました。玄米餅も2回。なので今週は合計5回の餅搗きをしたことになります。餅搗きをたくさんすると、師走だなぁ、と思います。
b0317003_15065274.jpg
ハイ、これが黒米餅。こちらは殆どが注文分なので、明日の販売用はほんの少しです。

b0317003_15082220.jpg
こちらも玄米餅と組み合わせて入れています。少しですが、こちらもどうぞお試し下さいませ。

黒米餅の方は、黒米自体がほんの少ししかとれなかったので、今回だけでオシマイです。ちなみに今年は赤米がありません。

それにしても思うのは、餅米がとれて本当にヨカッタ、ということです。今も「うとん山農場」は車が近づいても逃げもしないイノシシ親子などが闊歩している状況で、こんな状況でも餅米だけは前年以上にとれたということが奇跡です。

ホントにホントにありがたい、と感じる年の瀬であります。

玄米餅は年明けもしばらくは販売できると思います。もちろん「おこわ」も!

滋養豊富な、いろいろ餅で良いお年を!

「うとん山農場」&「木ノ口かたし」からの願いです。

今年の「木ノ口かたし」は、明日と来週24日の残すところ、あと2回となりました。

皆さまに支えられての一年は、本当にあっという間でした。感慨深い一年です。

ではでは、みなさま、また明日。




[PR]
by sanahefuji | 2016-12-16 15:14 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)