食べ物って命なんだなぁ

昨日、玄関に吊り下げて血抜きをしていたイノシシ、今日、夫が解体していました。

もちろん初めてのことで、どうやるんだろう、と思っていたら、以前買っていた本を取り出して見ていました。その本に家畜の解体の仕方が書いてあったのです。

b0317003_12532829.jpg
見ているだけでも、とってもワクワク面白い本です。

さて、その本を傍らに置いて、解体中。
b0317003_12542789.jpg
見る人が見れば、きれいではないかもしれませんが、部位ごとに分けて、解体終了。
b0317003_12570470.jpg
左上から時計回りにモモ肉、肩腕肉、右上は雄の証のブツ二つ、あばら骨、下にいってバラ肉、その左がロース、豚骨、その上の細いヒモ状のがヒレ肉、その上の小さい塊がスネ肉。

ということでした。

日曜日、年賀状用の家族写真を「うとん山農場」の鶏小屋に撮りに行った時、まだイノシシは檻の中で、野生のエネルギーを漲らせてワタクシたちを威嚇していました。

その誇り高い姿を思い出すと、ワタクシは少し涙ぐんでしまうのです。

でも、そのイノシシも、こうして見ると、完全に肉、食べ物に見えます。

「命を頂く」ってこういうこと、なんだなぁ。





[PR]
Commented by ひとみ at 2016-12-21 12:37 x
えいじばん、、かっこいい
上五島のくらしの学校 えん (雄太たちがキャンプに行っているところ)では、数年前からイノシシのハムとベーコンとウインナーを商品化しているよ

ノウハウが教えてもらえるかも、連絡してみて!
Commented by sanahefuji at 2016-12-22 22:33
それは魅力的ですね。

美味しいに違いない!
Commented by soken-t at 2016-12-25 21:07
上手に 解体できるもの です、器用ですね。ジョン・シーモア 自給自足の本、わたしも愛読しています。このような ノウハウを惜しげもなく公にする姿勢に 共感しています。わたしも 見習い 実行しています。どうぞ よろしく お願い致します。
Commented by sanahefuji at 2016-12-28 00:59
ありがとうございます。

初めてにしては上手くできたのかなぁ、と思います。

ジョン・シーモアの本、ためになりますよね!

こちらこそ、よろしくお願いします。
by sanahefuji | 2016-12-20 13:11 | 食べ物 | Comments(4)