まずは味噌汁、そして「おこわの具」「肉まんの具」と続け

「木ノ口かたし」に椎茸の原木や、先週のスイートスプリング(今週もあります!)などを出して下さっている方から、肉まん用の干し椎茸を調達できることになりました。すごく柔らかくて美味しそうです。
b0317003_17144109.jpg
作年の三井楽の濱崎さんの小麦粉の状態のあまり良くないものがあったりして、肉まんの品質が安定しなかったので、毎回ドキドキしてしまい、今シーズンは、もう熊本産の小麦粉を使う、ということにしました。本当は地元の粉の方が美味しいので、そっちを使いたいのですが、来シーズンを待ちたいと思います。

うちの畑にも小麦は蒔いたのですが、遅すぎてあまりとれないだろうなぁ、と思っているので、自家産、というのはまだまだ遠い道のりです。

b0317003_17180311.jpg
わが菜園にキャベツはないし、玉ねぎも随分と心もとない。直売所で立派な野菜を見るたびに尊敬してしまいます。

前回書いたように夫が「居酒屋」の仕事もあって忙しくなってしまったので、野菜作りや菜園の管理は主にワタクシの担当になりましたが、とにかくまだ何も分からない素人同然ですから、思い切りハードルを下げて、まずは「味噌汁の具!」と思って種を蒔いたりしています。

今の時期は大根がたくさんあるので安泰ですが、すぐに春が来てしまうのでボヤボヤしないように「味噌汁の具!」と心がけて畑のことを考えたいと思います。

そして、次に必要なのは「木ノ口かたし」で販売している「鶏おこわ」の材料、人参とゴボウです。これもあったら実に良いな、と思います。昨年は畑の人参はすぐになくなってしまいました。ゴボウは蒔いてなかったし。

で、さっき書いたように肉まんの具の玉ねぎとキャベツ。玉ねぎはまぁ全然とれないことはないけど、毎年かなり貧弱なものばかり。勤勉さが必要です。キャベツ、ウーム、難しい。苗の段階で虫にやられます。これも工夫がいりますな。

そうやって、少しずつやっているうちに、気がついたら、自給率が上がっているといいのですが。

さて、明日の「かたしのお昼ごはん」、使えるわが家の食材は、やっぱり大根(葉、実、皮)、卵、もちろん米、カブ、サツマイモくらいのものか。

石黒さんの白菜も美味しいので、昨日のすき焼きふう白菜をしようかな、と料理長が申しておりましたよ。

ではでは、また明日。







[PR]
by sanahefuji | 2017-01-20 17:53 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)