コウモリ屋敷とイノシシ農場

昨日の夜、炬燵に座ってこのブログを書いていたら、デッカイ蛾のようなものがヒラヒラと飛んで来ました。

ワタクシにはそれが何なのかすぐに分かりました。

それはコウモリです。

以前、夜中にトイレの前の物置の屋根裏から明るい場所(そのトイレの前のこと)に出てきたコウモリが、慌てふためいた様子で(そう見えた)屋根裏に戻っていった、ということがありました。

その時ワタクシと目が合ったコウモリは、ギョッとしたような顔をしていた、と思いましたが錯覚かもしれません。

で、昨日ですよ昨日。

昨日のコウモリは、完全にコウモリとしての能力を欠いていた、と言わねばなりません。

何故なら、そのコウモリが居間にやって来る回数が、うっかり間違って入って来ちゃった、というレベルではなく、もう何度も何度も執拗にヒラヒラヒラヒラと炬燵の周りを飛んでいるのですから。

コウモリは超音波を出して確認しながら飛んでいるので暗い中でもモノにぶつからないで飛ぶことができる、というのを何かで読んだ記憶がありますが、昨日のコウモリときたら、あまりにも何回もこの人間がいる明るい方に来るものだから、ひょっとしてそういう能力もなくしてしまっていて、ゴチンゴチンとぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤしましたよ。

そんで、いきなりヒラヒラッと音もなく来るでしょう。(小鳥などは羽音がけっこうしますが、コウモリの飛ぶ様子は本当に静かです。)
ホントにこっちがギョッとして、「おい!」「ちょっと!」「また来た!」などなどと、ついつい大声を出すものですから、既に寝ている家の者から「うるさいなぁ」などと言われる始末です。

いや、だって、コウモリがいかんのよ。

やっと向こう(未だ改装中で台所の屋根裏がガラ空きなのでね)に行ったかと思ったらまた来る。入って来れないように寒さよけのカーテンを閉めても、ストーブの近くでカーテンが閉められないところから入って来る。

「もう!なんで来るの!」

などと夜中にコウモリ相手に叫んでいる四十路のオンナ・・・・ホラーですな。

あっと、こんなことを書いている間に昼の休憩時間が終わってしまう!

今日は絶対にブルーベリーの剪定をするぞ、と思って畑に行ったら、イノシシがブルーベリーの根元に大きな穴を掘っていて、それが何本もあるものだから、それを埋めるので午前中はつぶれてしまいました。

「これがホントの『穴埋め』だな」などと思ったワタクシでした。穴埋めってなんでもタイヘンです。

コウモリといい、イノシシといい、本当に自然と共にある暮らしって感じ、それとも、わたしゃゴメンだわ、と思われるかもしれませんが。意外と楽しいかもしれませんぜ。

人間の居住空間に紛れ込んで疲れた(?)コウモリくん、台所の時計の横、むき出しになった桟にぶら下がって休んでましたよ。

意外とカワイイ顔してました。

さてさて、午後からもガンバロー!
b0317003_14024094.jpg
うとん山農場は、もう梅が咲いています。










[PR]
by sanahefuji | 2017-01-31 14:03 | 生き物・自然 | Comments(0)