人気ブログランキング |

女に生まれてヨカッタ!

本日、「バァの味噌」公民館講座の第二弾。本日は見学者もいたので、なかなか賑やかでした。

皆さまの希望する味噌の量が毎年増えていくので、それに合わせてどんどん作る量を増やしていって、今回は二日目に塩を混ぜる時の大きな大きな木の桶にギリギリ入る最大の量となりました。

これが前日から浸けておいた裸麦と今朝から水にしとらせている割った大豆。
b0317003_20405162.jpg
味噌作りはタイヘンタイヘンって皆さまおっしゃいますが、ワタクシは全くタイヘンと思わないのです。ムム、これも認知の歪みかひょっとして?と、最近のワタクシの脳の状態を考えると疑ってしまいますが、いや、こればかりは本当にタイヘンじゃないと思います。

この大量の穀物を触ることがまず楽しい、というか、ふつふつと嬉しい気持ちが湧いてきます。

公民館講座では、みんなでやるから作業自体もちっともタイヘンではないし、仮に一人でやったとしても、今はオンブしてる赤ちゃんもいないし身軽だから自分の思うように動けて、自分のペースで味噌作りというのは、やっぱり楽しいのです。

バァも「味噌がだんだん出来てくるんが楽しみよな~」ってよく言ってましたもの。そうなんですよ。このワクワクする感じは、おそらく自分でやらないと味わえないのかもしれません。

ヒトがやっているのを見ると、その内面に湧きあがっているものが見えないのでタイヘンそうにだけ思えるんでしょうね。

まあしかし、道具をそろえたり、それを置いておく場所なんかも考えると、やっぱり普通はタイヘンでしょうから、こうして味噌作りに参加していただけるとワタクシも助かるし楽しいので、これはこれで実にいいことです。

麦も大豆もそれぞれをセイロに入れて、
b0317003_20415963.jpg
あとは、ただひたすら蒸すのみ。
b0317003_20535749.jpg
火が通ったら、広げて冷まし、麹菌を混ぜ、
b0317003_20545757.jpg
モチブタに広げて入れることまでが今日の行程。
b0317003_21123484.jpg
今回はモチブタ33枚!

このモチブタもよくまぁこれだけ集めてきたものです。あちらこちらから頂いたので、大きさがバラバラですが、それもまた面白い。

今日は量が多かったので、昼過ぎまでかかってしまっていたら、本日参加してくれていた竹の師匠の奥さまが、もらったアジの干物があるから、カマドの「熾き」で焼こうか、とおっしゃいまして、すぐ近所なものだからそのアジの開きと奥さま作の「ふくれもち」まで取ってきて下さいました。
b0317003_21060577.jpg
b0317003_21184934.jpg
全てが終わったセイロで冷凍ふくれもちを蒸す、の図。

そしてアジの開きは美味しそうに焼けています。
b0317003_21205041.jpg
そんならワタクシは塩ムスビと卵焼きでも作ろうかね、と言って作ったので、ありあわせのもので皆でお昼ごはんと相成りました。
b0317003_21071704.jpg
なんてことない質素なお昼ごはんが最高に美味しくて、楽しくて、大満足。

お喋りをしながら共同作業をして、持ち寄りでごはんを食べて、とかいうのは、ホント、女の楽しみだなぁって思います。

一昨日までの絶望的な気持ちから一転して、宿題提出を済ませた今日は、ワタクシのココロはもう羽が生えたように軽くなっていて、まぁそのせいもあるのか、実に軽やかな一日でした。

そして!

なんだか思わせぶりな電話がかかってきて(注 男のヒトから、とかじゃないですよ)、それも嬉しい今日の日でした。でもこれはまだ内緒なんだな。ふふ。








by sanahefuji | 2018-09-11 21:36 | 食べ物 | Comments(0)

ここは五島列島福江島 「かたし」とは椿の古い呼び名です。Iターンで新規就農した私達が週に一度だけやっている直売所「かたし」での出来事、農家暮らしの日常などなど。日本の端っこで繰り広げられる人生劇場を綴っていきます。


by sanahefuji