中学生の職場体験 最終日

今日は久しぶりにイノシシが罠にかかってました。
b0317003_14323352.jpg
ウリ坊ではありませんがチビイノシシです。これくらいだったらカワイイんだけどなぁ。

さて、今日は中学生の職場体験の最終日、わが家にやって来たら必ずやってもらうのが、昼ごはん作りです。

それも、どうしてもイヤという場合を除いて、鶏を一羽さばいて料理してもらいます。

今回やって来た3人の子供たちは、鶏さばきもヤル気だったので、昨日のうちに一羽お肉にして、今日の昼ごはんでは鶏ガラでスープ、肉は唐揚げとなりました。
b0317003_14380172.jpg
ごはんはワタクシがカマドで炊きました。

そして、デザートのプリンも作ってくれましたよ。
b0317003_14404236.jpg
中学生くらいになると、もうなんでも出来ますね。ただ、その機会があんまりない、というだけで。

なんだかんだで、もう随分前から職場体験を受け入れていて、毎年のようにわが農場には子供たちが来てくれますが、ほんの短い間だし、何か役に立っているかどうか、というのは、自分たちには分からないのですが。

ところで、最近ワタクシが車の中でも、例の30年以上前の中島みゆきのCDばかり聞いているものだから、わが家の中学生がフトした時に、その中のある曲を口ずさんでいたりするのです。それが、ワタクシが好きな繊細で優しいげな曲ではなくて、何かアクの強い、いかにも昔の「みゆき節」的なヤツで、ちょっと妙な歌、と言えなくもないもの。

イマドキの中学生がこの曲を鼻歌で歌うか?!

と、そのミスマッチが可笑し過ぎて、笑えます。この曲を歌うのは中三の方なのですが、もう一人の中学生、一年生の方は、また別の曲が耳に残る、と言います。それもやっぱりアクが強い曲。すごく切なく優しい曲とか名曲とかではなく、そういうのの方が印象に残るんだなぁ、ということは新鮮なオドロキでした。

そんなふうにワタクシは今現在は昔の中島みゆきにハマっていますが、夫の方は、もうずーっとずっと多分これからも永遠に長渕剛です。

このように車中の選曲だけ聞くと、随分と暑苦しい両親のように思えますけど、まぁそうでもないんです。多分。

むしろ素気ないくらいかと。

なので、職場体験の中学生なんかが来ても、対応は割とサラッとしているかな、と。両方ともどちらかと言うと人見知りなんでね、いろいろ言わずに、料理なんかも全部任せてしまうんです。

どういう対応がいいのか、よく分からないのですが、まぁそれでも何か得るものがあれば幸いです。





[PR]
by sanahefuji | 2018-09-28 15:03 | 家族のこと | Comments(0)