人気ブログランキング |

計算って疲れるな

おはようございます。

見栄っ張りなワタクシ、先週収穫した小麦の収量が思っていたよりも随分と少なかったことから、どれくらいとれたか、というのをここに明記することを避けておったのですが、そういうところがイカンのだ、とにわかに反省いたしまして(時々反省するけど、すぐ忘れる)、ここは正直に書いておこう、と思います。

遅れに遅れて蒔いた小麦、きれいに芽が出て、大きく育っただけでも嬉しくて、もうそれだけでいい、なんて言っていたのに、いざ、収穫してみると途端に欲が出る、という人間というのは、ホントにどこまでも強欲なものですな。

で、わが小麦たち、収穫量は66kgでありました。

長崎県の10a当たりの平均収量が257kgなので、わが小麦畑の面積4aに換算すると、102.8kg、ということになります。なので、平均収量の6割くらい、ということです。

まぁしかし、種を蒔かなければゼロだったわけですから、66kgもとれた!ということを喜びたいと思います。

またまたしかし、小麦というのは、米と違って、この量がそのまま小麦粉、というわけではないのですね。粉にするとかなり減ってしまうのですよ。

ちなみに早速、昨日、精米所で粉にしてもらってきたので、どれくらい減るか、というのを計算してみましょう。
b0317003_07250900.jpg
コレが昨日、粉にしてもらった分。8kg持って行って、ちょうど5kgの粉になっています。ということは、×0.625ということですから、66×0.625=41.25ということで、41.25kgの小麦粉になる、ということなのです。

ついでにワタクシの苦手な金の計算をしてみましょうか。

今、五島では地の小麦粉というのがだいたい1キロ500円くらいで直売所では売られています。なので、仮に手数料のかからない、自分の直売所である「木ノ口かたし」で売るとしましょうか。すると41kg×500円=20500円

しかし、これがまるまる全部手に入るわけではなくて、製粉料というのがかかります、これが8kg持って行った時は600円だったので、41kgだと3075円かかります。

なので20500円-3075円=17425円

ウダウダしながら、迷いながら、どうしようどうしようと思いながら種を蒔き、草を取ったり、肥料をやったりして、やっと大きくなって、刈り取って、乾かして、脱穀して、製粉して、膨大な手間ヒマをかけて粉にしたものが、お金にすると、たったのこれくらいの価値になってしまうのですよ。

金ってつまらないなぁ、と思います。なんともったいないこと、粉でなど絶対売らんぞ!と思いますわね。

美味しい美味しい、と言って自画自賛で味わって、お世話になっているヒトには少し差し上げて、後は身近なヒトビトと一緒に食べるのが一番です。

まぁでも「木ノ口かたし」の「ふくれもち」やケーキは、今週からこの小麦粉で作りますので、どうぞ楽しみにしていて下さいませ。

きっと美味しいはずです!

これくらいのことでも金の計算って疲れるなぁ。しかしワタクシは、今日の夕方の部活の保護者会のために収支報告書を作らなくてはなりませぬ。だいたいの計算はやってしまったので、後は清書。

疲れるけど現代社会で生きていく以上は必要なことですから金の計算もガンバリマス?!

ではでは皆さま、今日も一日ごきげんよう。







by sanahefuji | 2019-06-19 08:06 | 雑記 | Comments(0)