カテゴリ:子供時代の思い出( 5 )

高校生はオトナだった

昨日は市民駅伝大会がありました。

今年は、わが家のとーちゃんはBチームの監督兼補欠ということで走らなかったのですが、午前も午後も夜もその関係でいろいろ忙しかったようです。選手の皆さまもタイヘンお疲れ様でした。

この駅伝大会なるもの、どこの地域でもこの時期に開催されるものなのでしょうか。

ワタクシが子供のころには、成人の日がまだ1月15日で、その日に市の子供会対抗の駅伝大会がありまして、わが弱小子供会も、それに出場するために確か10月か11月頃から放課後に毎日練習させられていました。

1月15日の本番まで、毎日毎日2キロか3キロ走らされるのです。ワタクシは走るのも遅いし、だいたいいつも走っている時に横腹が痛くなってタイヘンにキツイので、もうこれが本当にイヤでイヤで。

毎日毎日ともだちと雨乞いをしていた、と思います。

ところが、です。ワタクシの故郷の大分は太平洋側の気候ですから、冬場はカラッと乾燥していて、雨などほとんど降らないのです。駅伝の練習期間中、雨で休み、というのは本当に少なかったように記憶しておりますが、これは偏った記憶だろうか。

そして、この駅伝大会のための練習に毎日来て指導してくれるのは先生や保護者やあるいは誰かオトナのヒトではなく、地域の高校生でした。

今考えるとですね、高校生もタイヘンだったよなーと思います。ブーブー文句ばっかり言う小学生たちを指導するために、学校から帰って来た後に自分の時間を削って毎日来てくれていたのですから。

それなのに、コドモというのは自分中心で、そのような想像力など全く働きませんから、その高校生が風邪でもひいて休まないかな、とか、そんなことばっかり思っていたり、高学年女子たちの悪口などに同調したりしていました。

その時、指導に来てくれていた高校生は実はワタクシの従姉であったのですが、普段の優しい様子を知っているだけに、悪口に全て同調するのも憚られ、「いつもは優しいんじゃけど、駅伝の時はこええ(怖い)なぁ」などと多少遠慮がちに言っていた、と言い訳しておきましょう。ホントですよ。

本当に練習の時は厳しかった、と思います。

なので、背中に何かアルファベットが書かれたような青い上着を着た彼女が、上着の袖で手をすっぽり覆うようにして記録用のノートを持って小走りで現れると、いつもドキッと緊張していたワタクシです。

そして憂鬱な練習の日々が延々と続いていたのです。

地域の高校生たちは、その延々と何ヶ月も続く練習に毎日、来てくれていたんだなぁ。

その当時の高校生は、なんてオトナだったんだろう、と思わずにはいられません。

駅伝以外でも、あれは何に出るためだったんだろう、忘れたけど、リコーダーの指導なんかも公民館で高校生が指導してくれていたし、地域の「お楽しみ会」の劇なども高校生が演出して道具なども作っていたっけ。

子供のワタクシにとっては、高校生は本当にオトナでした。

自分が高校生になってみると、全くコドモのままのようで、そして今、ワタクシにとって高校生は本物のコドモです。ま、ワタクシが高校生の親になったから自動的にそういうことになるのですが。

それにしても、やっぱり昔の高校生は随分としっかりしていてオトナだったと感じます。

大雑把に言うなら、自分のことだけ考えているのがコドモで、他者のために動けるのがオトナかな、と。今の時代はコドモでいる期間が延びているように思います。

ちなみに、青い上着を着て毎日指導に来てくれていた、かつての女子高校生は、昨日、競泳の200メートル平泳ぎで、世界新記録を出した渡辺一平選手のお母さんです。

昨日、ニュースで聞いて、本人はもちろん、お母さんや周りのヒトビトはどんなに嬉しかろう、とワタクシも本当に嬉しくなりました。

昨日は駅伝大会もあったので、そんな昔のことを、しみじみ思い出していたのです。





















[PR]

by sanahefuji | 2017-01-30 23:45 | 子供時代の思い出 | Comments(0)

故郷の野山はやさしい

参議院選挙の結果を見て、かなりムナシイ気持ちに襲われています。

でも、投票率が低いと保守が有利になる理由はなんとなく分かります。おそらく自由意思で投票できるヒトビトが棄権すると昔ながらの義理やシガラミで成り立っている保守が勝つ、ということではないかと。

ワタクシは田舎で生まれ育ちましたから、このあたりの感覚は小学生の時にはもう感じていた、と思います。

選挙があると、一応コドモの間でも話題になり、その中で「うちのとーちゃんかーちゃんは○○(保守の候補者名)に入れんと会社を首になるっち」などと級友が話すのを聞いたことがあるのです。

その時思ったことは、選挙で誰に投票したかなんて分からないのにどうしてそんなことを言うのだろう、ということでしたが、これが田舎だと分かってしまう、というのも後に聞いたことがあります。

そんなバカな、と思うのですが、どうもそういうものらしいのです。

なのでコドモの頃に聞いた話から考えるに、いろいろと調べて自分で考えて投票するというよりは、狭い世間の中で生き続けるための投票、ということだったのではないかと。

それが今もあんまり変わってない、ということなのかな、と今回思ったりしました。

例えば、会社で「このヒトに入れなさい」と言われて「あーはいはい」と言っておきながら全然言う通りにしないでなおかつシレ―ッとしている(サトの得意技)、というようなことが出来るヒトばっかりなら結果も変わるかもしれないけどね。

そして「どーせ何も変わらない」と思ったり「どうでもいい」と思ったりせずに、よくよく考えて、誰も入れたいヒトがなければ、このヒトだけはイヤ、というヒト以外に入れるとかして、自分の1票をムダにしないで欲しいと思いました。

そういうワタクシも、ヒトビトにもっと投票を促すような行動もしなかったし、何もしていないので、やっぱりムナシイのです。
b0317003_13101850.jpg
本当にワタクシは思っているばかりで行動が伴わないことが多いのです。この絵も額装してから、なんて思ってるといつまでも飾らないので、「木ノ口かたし」の壁にそのままかけてみました。ワタクシの父親が描いた故郷の風景です。この山道、よく通りました。

故郷の野山で一緒に遊んだみんな、元気かなぁ。


[PR]

by sanahefuji | 2016-07-11 12:53 | 子供時代の思い出 | Comments(2)

魚の煮付け

五島に住んでいて嬉しいことの一つは、なんと言っても魚が美味しい、ということです。

そしてありがたいことには、その美味しい魚をタダで頂くことが本当に多いのです。

最近では「夜の部かたし」営業でメキメキと料理の腕を上げた夫に魚関係は全てお任せ、という感じでワタクシの出る幕はないのですが、今日は夫が夕方からソフトボールの練習に行ってしまったので、頂いた魚のアラをワタクシが煮付けにしました。

魚料理など全然得意ではないワタクシですが、実は家の目の前が海、小学校の裏が海、中学校の校庭の端っこが堤防、というくらいの海辺で子供時代を過ごした、というのはここに何度も書いた通りです。

そんな海の傍で育ったというのに、海の物(貝とか魚とか)を採取するのは本当に下手だし、泳ぐのも下手なら魚を捌くのも下手、何もかもが下手だったので、そういうのを全く好んでやらないワタクシです。海は好きで船には強いのですが。

とは言え、そんな海辺のコドモですから夏は海で毎日泳いでいたし、魚釣りやら貝掘りやら磯遊びなどなどは普通にやっていました。そんな環境でも下手な者は下手なまま、ということです。

で、煮付けです。

これはワタクシ、中学生の時に覚えました。

小学校も中学校も平日の学校の日に「魚釣り大会」という行事があって、子供たちは各自、自分の好きな場所で朝から午後まで釣りをする、というなんとものどかな行事です。なんか、昔の学校ってけっこうテキトーなところでした。楽しかったなぁ。

そして、午後に学校に集合して釣果を競う、というもの。確か大漁賞とか大物賞とかありました。あっそうそう珍魚賞ってのもあったなぁ。

当然の如くワタクシは、小中学校ともそのいずれの賞も取ったことがありません。何匹か釣れればいい方で。狙えるとしたら珍魚賞ですが、それもなかったです。

その何匹か釣れた魚を学校で煮付けにして食べよう、ということになって、その時におそらく優秀な家庭の主婦でもありそうな社会の先生が、魚の煮付け方を教えて下さったのです。

とっても美味しく出来たので、その時のことは今でも本当によく覚えています。やはり人間は中学生くらいの時に、生活に必要ないろいろな経験をしておいた方がいいと思います。

もちろん、今夜の煮付けも美味しく出来ました。






[PR]

by sanahefuji | 2016-06-14 23:25 | 子供時代の思い出 | Comments(2)

玉入れの流儀

今日は、小学校と中学校と町内の合同運動会でした。

昨年から学校と町内の運動会が合同になったのですが、今年はワタクシ達がここに来て以来初めての体育館での運動会でした。

昨日までピカピカの晴れマーク、日中は暑いくらいだったのに、今朝からドシャメシャの雨、しかもすぐ近くに雷まで落ちるという、とんでもない朝で、結局体育館での開催になってしまったのでした。

子供達が設営を頑張った運動場のテントや入場門が悲しかったです・・。

体育館での競技は限られていることから、昼には終わってしまい、お弁当も各自で、となって、昔から運動会が大好きなワタクシは、なんとも寂しい限りです。いや、子供達の方がもっともっと残念だったと思うけど。

それで、家に帰って弁当を食べるのもナンだから、小学校の田んぼの横の「カッパ公園」で食べました。
b0317003_15155977.jpg
毎年同じ写真か、というくらい、たいして変わり映えのしない弁当です。ブロッコリーやミニトマトを入れるところが俗っぽいと思いつつ、ワタクシはそのような俗っぽさに憧れの気持ちがあるようだ、ということに気がついたり。海老フライは、例の「マダガスカルの海老」の時に食べたので、魚のフライに変更して、五島なら安くて美味しい魚がたくさんあるので、海老フライである必要はなかったんだなぁ、と思ったり。

よその3世代家族のお弁当などは非常に立派なので、ワタクシはじっくり拝見してみたいと常々思っていて、写真に撮ったりしたら面白いだろうなぁ、ということは前にも書いたかもしれません。本当に記録したら面白いと思うけどなぁ。

面白いと言えば、昔の運動会のことも記録しておきましょう。

都会の学校の運動会は違うかもしれませんが、田舎の学校の運動会というのは地域の「お祭り」なのです。

それで、学校も地域も相当に手間暇かけて準備していたと思います。

例えば、今もあるけど並べられたお菓子を幼児が取りに行く、という競技(?)。今は、お菓子が入った袋を並べているだけなのですが、ワタクシが子供のころは、先生が白い紙に日の丸を朱で書いて一枚ずつ日の丸を作成し、それを誰かが山から採ってきてくれた細い竹に巻きつけて旗を作り、さらにその旗に風船を2個くっつけて、それにお菓子の入った紙袋を下げる、といった手のかけよう。
b0317003_15482367.jpg
そしてそれを並べて、子供達が取りに来るのですな。このように。

b0317003_15165668.jpg
とってきました。30数年前のワタクシ。子供にとってはこの旗が重く、その時の持ち重りのする感覚を、ワタクシは今でもはっきりと覚えているのです。コレ、現代バージョンの紙袋だけではそこまでの感覚が残らないかもなぁ。

b0317003_15163515.jpg
昔の校舎では、運動会の時には窓枠を外して、桟敷みたいのを作って観覧できたので、これもまた楽しかったのです。この特別感、まるで舞台でも見るような感じじゃありませんか。

ワタクシは本当に運動会が好きでした。

そして、運動会については一家言あるワタクシがどうしても、これは昔の流儀でやって欲しい、と思うのが「玉入れ」。

それも「玉入れ」の競技のやり方などではなく、モンダイはその玉の数え方なのです。

今頃はなぜあのように、玉を取り出すのが間に合わないくらいポンポン数えて、しかも、玉を美しく投げないのか、というのがどうしても納得いかないワタクシ。

玉入れの玉をカゴから取り出して数える時には、心を込めて一つ一つ、お手玉の流れを汲むようなやり方で投げなければならないのです。そのためにはある程度、落ち着いて数えなければなりません。「ひとーつ、ふたーつ、みっつ・・・」というように。

そして、これが最も大事なことですが、最後の一つの玉は、あらん限りの力でもって、秋の空に垂直に、高く高く投げなければならないのです。

ワタクシがまだ玉入れに参加している位の低学年の時、玉を取り出していた中学生のお兄さんが、最後の玉を高く高く放り投げた時の肩の形、空に吸い込まれるように高く上がった玉の様子と共に、これまた本当にハッキリと覚えていることなのです。年上のヒトって本当にスゴイ、と、自ずと目上の人に対する敬意まで生まれてしまう、という、たかが玉入れ、されど玉入れなのであります。

玉を数える時にも、それなりの美学というものがあるのですな。それでこそ、全体が絵的にも非常に美しいものになる、というわけです。

などとウンチクを垂れていると煙たがられてしまいますから、ここにこうして記しておくに留めます。

こういう昔の運動会の話なども、おそらく、記しておかないと、誰も知らない話になってしまうんだろうなぁ。

貴重なことです。








[PR]

by sanahefuji | 2014-10-26 16:25 | 子供時代の思い出 | Comments(0)

検尿の思い出


新学期が始まって、春の恒例行事と言えば遠足とか家庭訪問などいろいろありますが、地味だけど意外とワタクシが新学期を感じる行事(?)の中には、「検尿」および低学年の「ぎょう虫検査」というものがあります。これがやってくると、あぁ春だなぁ、などと思ってしまうのですが、皆様はいかがでしょうか?

昨日、今日が小学生たちはその「ぎょう虫検査」、そして検尿の日でありました。

あのセロハンが入れられてある袋に「ぎょう虫検査」のやり方を説明してある絵があるんですけどね、キューピーちゃんみたいなのがお尻をこちらに向けてしゃがんでいる絵、これがワタクシ達が子供の頃と全く変わっていない、ということに一抹の感動を覚えるのはワタクシだけでしょうか。妙な絵と言えば妙なのですが、このように長い間変わってないと親しみが湧きますな。

そして、醤油差しのような検尿の容器も。

しかし、尿を取るための紙コップは大いに変わりました。

ワタクシ達の時代には、本当にただの「紙コップ」だったのです。一枚のやや丈夫な正方形の紙に折り線がついているだけのもの。これを忠実に折って、使用するのですが、これがただの紙である、という事実は何を意味するか。

水分を含むと時間の経過と共に弱くなり、最悪の場合、破れてしまうという危険を孕んだ代物なのですよ。何故、このように熱く語っているかと申しますと、かくいうこのワタクシが、その最悪の事態の経験者であるからに他なりません。

あれは、子供にとっては絶望的な失敗であった、とワタクシは、紙コップの底に空いた、白く小さいけれども明るく確実な穴と共に思い出すのであります。

あの醤油差しふうの容器の8分目あたりに線があるでしょう。厳然たるあの線の圧力がコドモのワタクシに、ほんの少し線まで達していないがために、また出してはもう一度ちゅー・・・と繰り返させ、その間に紙コップの底から全ては流れ出てしまい一環の終わり、ということになってしまったのでありました。

オトナならば、そんな失敗などたいしたことではない、とすぐに気がつくものですが、コドモというのはとにかく視野が狭いもの、応用も機転もなかなか効きません。しかも朝の時間は短く、学校に行く時間が迫っています。もはや絶対絶命、と思ったなぁ。

あの時はどうやって事なきを得たのか、学校に行くまでにもう一度尿意をもようしたんだったか、どうだったんだか。あの絶望感のみしか記憶にないのですが、多分なんとかなったのでしょう。

その教訓を得て、次回からは配られる紙コップは決して使わなかったワタクシです。では、代わりに何を使ったかというと、あの頃流行っていたプッチンプリンの容器です。間違っても、ぷちんと折ってプリンを皿に乗せた後の容器を使ってはいけません。紙コップと同じになってしまいます。もちろんそんなバカなことはするはずないじゃありませんか。人間、失敗から確実に学ぶのです。

さてさて、それで現代の紙コップはどうなっているかと言いますと、これが実に防水加工された紙で出来ている!のですよ。

子供が一年生になって、この紙コップを持って帰って来た時には感動を覚えたワタクシです。おお、これならば何回ちゅーちゅーやっても大丈夫!と。

ぎょう虫検査の袋といい、検尿の紙コップといい、妙なところで感動してしまうワタクシです。

ひょっとして、多くの子供達が穴を開けてはあの絶望感を味わったが故に、この防水加工の紙コップは生まれたんではなかろうか、などと考えると、たかが紙コップにも様々なドラマがひそんでいそうな気がします。そう思うと、やっぱり感動するけどなぁ。

ちなみに今朝、あの「醤油差し」がなくなった、と大騒ぎ、しかもオシッコを紙コップに取った後で、というハプニングがわが家では起こってましたけど、なに、ゆっくり探したって大丈夫、なにしろ防水加工の紙コップなんだから。

もちろんみつかって事なきを得ました。

今の時代のコドモでヨカッタ、という今朝の事件でありました。











[PR]

by sanahefuji | 2014-04-16 13:28 | 子供時代の思い出 | Comments(0)