<   2015年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

デモに参加してみた

今日は、国会前での安保法案抗議集会に10万人以上のヒトビトが集まったそうです。

音楽家の坂本龍一氏や各党の党首も来ていた、ということを7時のラジオのニュースで聞きながら川でバケツを洗っていたワタクシ、「あーなんてうらやましい、そんなに大勢が集まったなんていいなぁ」と思いました。

というのも、今日は全国各地でやはり集会が開かれていて、ここ五島でもあったのです。が、しかし、チラシでそれを知ったワタクシも参加してみようと文化会館前に向かい、車を止めるところがなかったらどうしよう、ヒトがわんさかいるのかな、などと思っていたら、アレレ??車を止める空間などいくらでもありそう、というかスカスカ、で、いささか拍子抜けな感じだったからです。

それでも数十人はいたようです。
b0317003_20152509.jpg
意気地がないことですが、ワタクシはこういうのは本当に不慣れでこっぱずかしいので、人ごみに紛れてコッソリついて行こう・・・などと思っていたら、紛れるほどのヒトがいない・・困った!

日曜日の商店街には人影もまばら・・・寂しい!

というのが率直な感想です。

それでも、全国のニュースで報道されるくらいに、多くのヒトビトがこの法案に反対の意思を示して行動した、ということを聞いて、勇気づけられました。

こんな重大な問題をあまりにも簡単に決められてしまうなんてトンデモナイと思うけれど、どうしたらいいのか分からない、選挙もまだない、ということで、せめて何か出来ることを、と思ったので参加してみたのです。

それは、以前参加した女性農業委員の集いの会場の印象と同じくらい地味な感じ(自分も含めて)で、これではイマドキのヒトビトに顧みられないだろう、というのも分かる。

しかし、そういう重大な問題に関心を持たないでいると、普通の多くのヒトビトに大きな影響があるはずなのです。それは確実に悪い影響です。

どうしたらいいんだろうなぁ、といつも思います。

せめて自分ができることは、これからもやろう、と思います。









[PR]

by sanahefuji | 2015-08-30 20:53 | 雑記 | Comments(4)

夏を振り返る

蔓植物というのは、ブルーベリーの畑や庭などでは大変イヤなヤツに思えます。とにかくクネクネと木などに絡みついて覆い尽くしてしまうのです。しかも、生命力が強くて次から次へとニョキニョキ生えてくるのでやっかいです。

しかし、畑などとは関係ないところに生えているのは、まぁ特にどうということはない、それどころか、花の可憐さにハッとしたりするのですから人間というのは勝手なものです。
b0317003_11305864.jpg
時と場合によって、イヤなヤツにもいいヤツにも思えるというのは、なんでも一緒です。

今日は五島では「夕焼けマラソン」というのが開催されます。

ここ数週間、道を走っているヒトビトが多くなり、それに出る、という声も周りからチラホラ聞こえてきます。五島のヒトって本当に走るのが好きなんだなー、とワタクシなどは毎年感心します。

遠方からそのために来られた方が、わざわざ「庭先かたし」を訪ねて下さったりもして、ありがたいことです。

毎年この時期に走るのは暑くて大変そうだな、と思っていたので、今日はこのまま雨があんまり降らなければ涼しくて良いですね。でも、走るヒトにとっては暑いのと雨とはどっちがタイヘンなのだろう。応援のヒトも。

毎年出場するヒトにとっては、この「夕焼けマラソン」が終わると、五島の夏も終わった、という感じになるのでしょうか。

あっという間に8月も終わり。ここ「庭先かたし」は、お客様がわんさか来るわけではありませんが、少数精鋭でなかなか充実した夏でありました。振り返ってみるに、本当に楽しかったなぁ、と思います。子供並みに夏が終わるのがさびしいワタクシです。

しかし秋もまた楽しみです。もうすぐ新米も出てきますので、秋の「庭先かたし」(建築が全然進んでないので「庭先」のままなのが予定外?!)もどうぞヨロシクお願いします。



[PR]

by sanahefuji | 2015-08-29 12:22 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)

味噌日和

今日は朝から、先日割ってもらった大豆&昨夜から水につけておいた麦をセイロで蒸して、
b0317003_09440006.jpg
広げて、

b0317003_10090396.jpg
これは↑、まだ途中。

そして全部、蒸しあがったら、冷まして麹菌を混ぜて、このように「もろぶた」に入れて、麹の花がつくのを待つのです。だいたい一昼夜。
b0317003_15551094.jpg
今年はなんとか8月中にとりかかれました「バァの味噌」ですが、来週9月1日にはもう一度「公民館講座」としてやることになりました。急に決まったので、そんなに人数は集まらないかもしれませんが、「バァの味噌」作りの楽しさや、美味しさを一人でも多くのヒトにお伝えできれば幸いです。→「味噌作り講座」開催のお知らせ

昨日は、今日の味噌の仕込みの準備として午前中は大掃除、午後からは農業委員会の総会がありました。

この8月で、農業委員に就任して一年がたちます。

情けない話ですが、一年もたったのに、ワタクシは毎回毎回、農地法の文章を目にして読んでも、ちっとも頭に入らないままで、毎回のごとく内容を忘れるのです。農地法第3条ってなんだったっけ?4条5条は??などなど。

コレは一体どういうわけだろうか、と思っていたのですが、ここにきてようやく自分の脳があまり働いていない、ということに気がつきました。遅い!

運動能力、整理整頓能力、記憶力、難しい文章の読解力、はたまた人との関わり方に至るまで、本当にことごとくお粗末であったのに、なぜ放っておいたのだろう、と。

体と併せて、脳も鍛えねばなるまい、と思っているところです。

しかし、どうやって鍛えればいいのか、と思っていたところ、いい本がありました。
b0317003_16231859.jpg
この本を読んでみるに、「脳を鍛える」というのは特別なことをするわけではなくて、普段の生活の中で行っていることを、脳のどこを使っているのかを意識してやる、ということらしい。苦手なこと、というのはその能力を発揮するための脳の部分が休んでいるから、なのだそう。だから、その部分を意識して刺激してやれば良いらしいのです。

4人の子供たちの用事はそれぞれ別の方向にこれからも増えていくし、地域の仕事も入ってくる、家事と仕事だけでも日々混乱気味のワタクシなどには、「脳の使い方」を意識するのはとっても大事なことのような気がしました。ワタクシのように苦手なことだらけ、というのは脳が休んでいる場所がよっぽど多かった、ということですな。

それにしても、今年は秋が来るのも早い感じ。

「バァの味噌」、上手くいきますように!












[PR]

by sanahefuji | 2015-08-27 16:45 | 雑記 | Comments(4)

今年の油

今回の台風は、寝ている間に通りすぎていったので、前回の台風と同じく「アレ?台風いつ来たのかな」と思いました。今回も助かりました。

今年、わが家で収穫した菜種↓
b0317003_23483613.jpg
これを今村製油所さんで油に絞ってもらっていたのですが、なかなか取りに行けずにいたけれど、今日やっと行きました。

b0317003_23352629.jpg
ここに書いてある通り、10.7キロの菜種が2升の油になりました。種を蒔いて、花が咲いて実がなって、収穫して、油になるまでには本当に時間も手間もかかることです。

これっぽっちではすぐになくなってしまうでしょうが、大事に使いたい、と思います。













[PR]

by sanahefuji | 2015-08-25 23:33 | 食べ物 | Comments(0)

台風が来るので

ジョンも玄関に入れてもらっています。おりこうにしています。
b0317003_23043510.jpg
夫も仕事が休みになったので、安い魚(アジとカマス)を買ってきて、ささっと料理してくれたのでワタクシは楽チンでした。その後みんなでバレー観戦などなどしつつ、ワタクシは子供たちが新学期に必要な雑巾を縫って(ヤッタ、今年は8月31日にならないうちに出来た!)、ハナが高校から借りてきた東野圭吾の本を借りて嵐に備えております。やはり嵐の時はミステリーですな。

昼間も雨が降っていて、ヒマな下3人の子供たちは、こんなものを作っていました。
b0317003_23130198.jpg
ヒマ人はいいなぁ。

しかし、約一名はまだ宿題が終わっていないように見受けられるが、大丈夫だろうか。

もう本当にムズムズと「ああしなさい、こうしなさい」と言いたくなりますが、昨日「待つことの重要性」について書いたばかりです。ちょっと待ちましょう。

明日は高校も休みになったし、ということは弁当も休み!

これから本でも読みますか。





[PR]

by sanahefuji | 2015-08-24 23:57 | 雑記 | Comments(0)

待っていれば大きくなる

昨日の福江少年少女合唱団の定期演奏会、無事に(ナニゴトもなかったわけではないが・・・苦笑)終わりました。

合唱団に3人も入っていると、4ステージ分×3の衣装の洗濯というのがありますし、もちろん日常の洗濯もありますから、今日の晴天が嬉しいワタクシです。
b0317003_11303412.jpg
今日は、金曜日に取り残した分のブルーベリーを取りに、下の3人を連れて小一時間ほど農場へ。
b0317003_11314140.jpg
わが農場のブルーベリーを買って下さる方が、かなりの割合でおっしゃることは「大きいですね」「種類が違うんでしょうか」などなどということ。

そのように言われますが、わが「うとん山農場」に植えてある品種が特に大粒のもの、というわけではないのです。いろんな種類を混植しておりますが、ごくごく一般的な品種ばかり。いや、今だったらもっといい品種が出てるかもしれないくらいです。

しかしわが農場のブルーベリーが普通に目にするブルーベリーよりも大きいとすれば、それは摘む時期の違いだけかな、と思われます。つまり、小さいものは、大きくなる前に摘んでいるから小さいのであって、もう少し待っていたら、そういうのも大きくなるのです。

ブルーベリーの実が色づいてから、それが本当に美味しく大きな粒になるまでにはあと何日か、かかります。でも、そこまで待てないで採ってしまうので、小さいままなのです。それにヒトが触ってしまうとボトボトとこぼれ落ちてしまう実も多いのです。

なるべく美味しくなるまで待ちたい、でも、なるべく損もしたくない、というのをよくよく見極めながら収穫する、というわけです。もう少し大きく、美味しくなるまで、ぎりぎりまで待ちたいという気持ちと、けれど線香花火の最後火の玉のようにポトリ、と落ちてしまわないか心配、という気持ちの間で揺れながら。

時々、見落としていた木があったりすると、そういう木には、びっくりするくらい大粒のブルーベリーがごろごろ実っていたりします。

鳥にも食べられず、人間にも触られずに、ゆっくりじっくり大きくなったのです。そういうのを見るにつけ、木さえしっかり大きくなっていれば、あとは下手にいじらないで待っていた方が大きな実を成らせるんだな、ということが分かります。

これってもしかして、子供もそうなのかも、と思ったり。

けれど、待つことってなんて難しいんでしょう。ついつい手出し口出ししてしまいます。

木が小さいうちは草に負けないように、ちょっとばかり手を貸してやって、後はその木自身の力を信じて待っていれば、大きくて美味しい実をたくさんつける、という事実。

何が必要で、何が必要でないのか、それはきっと周りの環境やその木によっても違うこと。

生きているものって、みんな同じなんだな、と改めて思います。

b0317003_14412254.jpg
子供たちが見つけた、ハート型のブルーベリー。「写真に撮って撮って」とのことでした(昨日頂いた花も♡)。






[PR]

by sanahefuji | 2015-08-23 14:24 | 雑記 | Comments(0)

本日の「庭先かたし」営業時間変更のお知らせ

ここに書いてあります通り、本日は午後3時までの営業となっております。
b0317003_09563715.jpg
何故かというと、本日は福江少年少女合唱団の定期演奏会の本番だからであります。
b0317003_09582592.jpg
ワタクシと三姉妹の女子チームは昼に集合せねばなりませんし、夫とコータローの男子チームは農場の夕方の作業を早めにすませて、観に行かねばなりませんのでね。

入場料は300円、とタイヘンお安くなっておりますので、子供たちの歌声が響く夏の宵、ぜひぜひお出かけ下さいませ。
b0317003_10041753.jpg
今、山のあちらこちらに咲き誇っているこの花は、「クサギ」だと思っていたのですが、摘んでみると、これにはまだ「みなはだ」という色の染料となるはずの青い実がついていない。はて、間違えたかな、と思ってよくよく考えてみるに、実は花が終わった後になるに決まっておるのだから、やっぱり「クサギ」であろう、ということに落ち着きました。

この木が「クサギ」だということをワタクシに教えてくれた友が五島に来たのは、残暑厳しい9月だった、と記憶しております。その時には青い実がいっぱいついていたっけね。

去りゆく夏を前に、ワタクシは今更ながら気がつきました。

「私は夏が好きだ」

ということに。

一昨日、富江に向かう車の中で、テレサ・テンの「別れの予感」が流れていて、テレサ・テンはなんてスゴイ歌手だったんだろう、と改めて思い、久しぶりに聞いた「別れの予感」になんだか体の中の血潮を感じました。

それと同じように、ワタクシは本当に夏が好きだ、ということにも気がついたのでした。

あ、でも夏はまだ終わっていませんね。

よかったぁ。











[PR]

by sanahefuji | 2015-08-22 10:46 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)

カメ人間の毎日

今日は午前中、富江の野口精米所さんに大豆を砕いてもらってきました。仕事がきれい、という評判を聞いて、はるばる(というほどでもないけど、ここからだとちょっと遠い感じがします)行ってみました。評判通り、きちんとして下さっています。
b0317003_14373875.jpg
5升ずつ2回分の大豆1斗を炒るのが、思いのほか時間がかかり、昨日持って行こうと思っていたのが一日ずれ込みましたが、今週中に出来ました。

せっかく富江まで行ったので、前に「かたしのお昼ごはん」を作って下さっていたお二人が営業している「ごはん屋さん」にて昼ごはん。

「かたしのお昼ごはん」が、さらにグレードアップしておりますが、値段はたったの700円という、申し訳ないくらいのお値段です。ちゃんとしたご飯を食べたい方は是非どうぞ!

これから、甲子園の決勝戦を観戦しながら合唱団の娘たちの制服の直し、などなどを。こちらは土曜日の本番までに絶対にやらねばならないので、着実に終わらせねばなりません。

ワタクシのような不器用な人間は、生活全般の用事の殆どが得意でないことばかりなので、いかにして確実にやっていくか、後回しにしないですぐやるか、ということだけが重要な気がします。

楽しみを見つけつつ、少しずつ確実に進め進め、と、呪文のように唱えつつ。

[PR]

by sanahefuji | 2015-08-20 14:55 | 雑記 | Comments(0)

好きなもの

ここ最近、連敗です。

それは何かというと、コータローを寝かしつける時に一緒に眠ってしまう、ということです。その後、起き上がる事が出来れば「勝ち」というわけでもなかろうに、一緒に寝てしまうとどうしても敗北感があります。

昨日も例によって、起きよう起きようと思いながら、そのまま朝になってしまいました。そんなわけで、「店は週一だけどブログは毎日開店!」という目標を立てているのに、なんだか飛び飛びになってしまっております。

言い訳でした。

さて、高校生は昨日からもう学校が始まり、早くも日常が戻って参りました。ということはワタクシの弁当ライフも再開した、というわけです。短い間でしたが、弁当のことを何も考えなくていい、というのはやはりラクだった、と思います。

そして昨日、ハナが自転車で運べないものがあったので、車で高校まで届けに行ったら、高校の敷地内にあるお堀に蓮の花が満開で、急いでいたけれど、しばし見惚れました。
b0317003_05333681.jpg
そして辺りの木々からは蝉しぐれ、贅沢な空間だと感じました。忙しいようだけれども、高校生活は楽しそうで、快適そうだと思いました。

その後、農業委員会のお仕事で久賀島へ。海上タクシーをチャーターして行きました。幼少期は船が交通手段であったワタクシには、このような船がなんだか懐かしいのです。
b0317003_05391978.jpg
カレンダーまで昭和な感じ。

b0317003_05372505.jpg
久賀島は、福江島のお隣の小さな島です。旧五輪教会などがあります。この写真に写っているのは浜脇教会ですが。

海が凪いでいて、なめらかで美しかったです。

ほんのちょっとの時間ですが、島に渡るとなんだか旅をしているような気分になるのは何故だろう。

陸続きではこうはいかない、これが島の魅力の一つだと思うなぁ。

b0317003_05470476.jpg
立派な牛舎と牛。五島牛です。牛の匂いでもなんだか心が落ち着くワタクシです。

昨日は、船と牛、二つの安らぎのアイテムが出てくる、なかなか良い日でした。

今日も良い日でありますように!





[PR]

by sanahefuji | 2015-08-19 05:54 | 雑記 | Comments(2)

着々と「バァの味噌」準備

今朝がた、雨がザーザーと降っていたので、昨年の夏のパターン(後半ずっと雨という)を思い出して「むむ、マズイ感じ・・」と思っていたら、朝からは晴天。ヨカッタ!

今週は「バァの味噌作り」のための大豆を一回干して、炒って、それを精米所で割ってもらう、というところまでやる予定だからです。
b0317003_10304871.jpg
よしよし、順調順調。この「バァの味噌」、愛好者が増えて、2年前からは自家用の一年分とは別にもう一回分作るようになったのです。嬉しいことです。

そして、今年の大豆は三井楽の自然農場の濱崎さんの無農薬大豆です。さらに嬉しいことですね。

わが家でも大豆を作っているのですが、去年収穫した分は醤油を作る分くらいでした。まぁでも少しでも収穫できたので良しとしましょう。
b0317003_10385187.jpg
2年前から醤油も作るようになって、味噌と醤油を一年分、となるとかなりの量の大豆が必要、ということが分かりました。去年作った量では醤油は一年分には足りませんでした。美味しかったので、もっとたくさん作りたいものです。

今はまだ濱崎さんが元気でけっこう大規模に小麦や大豆を無農薬で作ってくれているので助かります。でも後継者が今のところいないようなので、それが少し気になるところです。誰か志願しないかな。

わが家の周辺では、三井楽ほどの立派な畑がないので、そこまで大量の小麦や大豆を作ることができないのです。

殆どが輸入に置き換わってしまった大豆や麦を、日本に取り戻したいですね。

何はなくともご飯と味噌汁、それをしっかり食べていれば本当に安心で、わが家はみんな夏バテ知らずですよ。
b0317003_10394390.jpg
多肉植物、買ってみました。左からウチワサボテン、セダム属、エケベリア属、マミラリアサボテン、クラッスラ属、柱サボテン、だそうです(名前を覚えられないので、ここに記しておこう)。なかなかカワイイですな。

ちょっとしたことでも、少しずつ、しかし確実に物事を進めていく、というのが大事です。

今年も「バァの味噌」、楽しみです。




[PR]

by sanahefuji | 2015-08-17 10:54 | 食べ物 | Comments(0)