人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ナニゴトも集中力の訓練

以前よりもアタフタしなくなったとはいえ、毎週、土曜日の朝には、なぜもっと入念に店の準備をしていなかったのか、と後悔してしまうことがまだまだ多い今日この頃。

ほんの小さなことでも後回しにしないで次々やっていく、ということしかない、ということは既に書いた通りですが、いろいろなことは全て連動していて、決して結果だけがポンと表れているわけではない、と思います。

そう考えると、何の変哲もない普通の日の、普通に流れていく時間、というのが本当に貴重に思えます。

そして、どうってことないようなことに集中してみると、その時間の密度が濃くなる気がします。

というのも昨夜アサが、家族に一枚ずつ紙を渡して、これに例えば母ちゃんを、あるいは父ちゃんを、はたまたコータローを描いて、と言ってきました。ワタクシにはハナちゃんを描いて、とのこと。

さらさらさらっと適当に描いてもよかったのですが、ここでワタクシは相当にじっくりと、穴があくほどハナの顔を見て、エイッとばかりに気合いを入れて、集中して線を描いたのです。

すると、自分で言うのもナンですが、すごくそっくりのハナが描けました。ま、見ても分からない方が多いでしょうが、良く出来たのでここに載せてしまうノダ。
b0317003_13240302.jpg
みんなが似ている!と言ってくれたので、多分ほんとうに似ていると思います。

ワタクシは、絵を描くこと自体は、そこまで好きでもなくて、絵を描きたいという願望もあまりなかったのですが、こうして頼まれたものに真剣に向き合う、というのは何か自分にとって非常に良いようだ、ということが分かりました。

昨日は、地域の子供教室、というもので、百人一首を教える、というのを引き受けたのですが、これも、相当に前から、どうすれば子供たちが百人一首を楽しめるだろうか、と考え、あれこれ調べたり、プリントを作ってみたり、シミュレーションしてみたり。
b0317003_21412449.jpg
何よりもワタクシの愛してやまない百人一首が、ワタクシの導き方がマズイせいで、「つまらないもの」になったら、それこそ一大事である、とかなり緊張もしていたのです。

が、ふたを開けてみると、子供たちはワタクシが考えていたよりもずっと飲み込みが早く、センスのある子は学年に関係なくすぐに上達する、ということも分かり、ちょっと苦手そうな男の子も「坊主めくり」では、大盛り上がりで、あっという間に2時間たち、本当にホッとしたことでした。

これはありがたいことに少し賃金ももらえるのですが、もしそうでなかったとしても、引き受けたことに全力投球する、ということが本当に自分のためになるので、それだけでも良いのです。

それが、誰かのためにもなっていれば、言うことなし!

そんなふうに思ったことでした。






by sanahefuji | 2016-01-31 13:46 | 雑記 | Comments(0)

農業研修生希望の方(移住でも)相談乗ります

今週も三井楽の濱崎さんの野菜など来ました。
b0317003_20035700.jpg
袋いっぱい詰まって100円!濱崎さんは気前がいいのです。このホウレンソウ、めっちゃ甘いですよ。ホントお買い得。

b0317003_19595221.jpg
大きいのはパール柑、200円です。これも、旧「かたし」に出してくれていた時から人気でした。すぐ売り切れてしまうのでワタクシは食べたことがないのですが、すごく美味しいらしいです。小さい方は柚子で100円。

b0317003_19582337.jpg
残念ながら小麦粉は販売分がもうなくなってしまったのですが、今週はなんと蕎麦粉を持って来て下さいました。1キロ800円です。

ワタクシは濱崎さんの年齢を知らないのですが、おそらく60歳はとうに過ぎていると思われます。しかし、まだまだ元気で体力もあり、ものすごい面積を一人で、しかも農薬などは一切使わずに野菜や芋、大豆、小麦などなどを作っています。ワタクシたちに比べると、耕作面積も生産量も断然多いし、味も間違いなく美味しいので、非常に頼もしい存在です。

ところがこの強靭な体力の持ち主の濱崎さんも、先週「だんだんキツくなってきた」とこぼしていて、ワタクシなどは、やや焦って、「濱崎さん、だんだん後継者など育ててはどうでしょう」と提案などしてみました。

すると濱崎さんも乗り気で「誰かいいヒトがいたらヨロシク」とのこと。

今は青年就農給付金という制度(最長5年間、年間最大150万円)もあるし、だれかヤル気のある若いヒトがいたら、本当に濱崎さんのところで働きながら農業技術を学び、やり方次第では将来農業で独立できるのでは、などと思ったりしています。

誰かいませんか?

わが農場は、それほどの生産性がないので、まだ研修生を受け入れる、とかいう段階ではないと思うけれど、濱崎さんのところならいいと思うのです。

ただし、この濱崎さんは五島の中でも秘境と言ってもいい「間伏(まぶし)」というところの出身で、山道を片道3時間かけて通学していたというツワモノですので、その彼について農業を学ぶ、というのは甘い考えでは務まらないかもしれません、とは言っておきましょう。

でも、それくらいキビシイ方がきっと将来的には良いと思われますが。

ワタクシたちが就農した頃は、前述の給付金制度もなかったのですが、今思えば、その頃のワタクシたちにとってはそんなお金などを貰っても自分たちのためにはならなかった気がするので、お金の苦労はしたけれど(今もしているが・・・)それはそれでヨカッタかな、と思っているくらいです。

やはり人間キビシイ環境、というのが必要なこともある、と思うのですね。

まぁしかし、今はそういう恵まれた制度はどんどん利用して、農家になる人が増えるに越したことはない、と思っております。

というわけで、われこそは!という方がいましたら、どうぞヨロシク。









by sanahefuji | 2016-01-29 20:48 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)

うとん山農場の餅

半額シールに弱い夫が買ってきました。塩サバ。
b0317003_09332535.jpg
塩サバを見ると、ワタクシは「牛方と山姥」という昔話を思い出します。

牛の背中に塩サバをたくさん積んで運んでいる牛方が、山の中を通っていると、山姥が出てきて、その鯖をくれ、と言います。それで、牛方は一匹ずつ鯖を投げてやって、それを山姥がガツガツ喰っている間に速く速くと牛をせっつくのですが、なんせ牛歩ですから、そうそう進むもんではなし。

一匹また一匹と放り投げているうちに、牛の背中に積んだ塩サバを全部食べられてしまいました。

それで、今度は山姥が牛をよこせと言います。

牛方も自分の命が大事ですから、牛を捨てて走って走って逃げているうちに、一軒の家にたどりつき、そこに隠れます。

家には誰もいないので、黙って中に入って気がついたことには、ナントそこは山姥の家!

そう思ったけれど後の祭り、牛を一頭まるまる喰ってもまだ足りない山姥が、牛方は喰いそびれたワイなどと言いつつ戻って来るのです。

それで、牛方は急いで家の梁に登って隠れます。

すると、山姥が囲炉裏で餅を焼きながら、こっくりこっくりと居眠りをはじめ、ちょうど良い具合に餅が焼けるのを見て、牛方は急に空腹を思い出し、梁の上から、屋根のカヤをすーっと引き抜いてそれで餅を刺しては手繰り寄せ、全部食べてしまいます。

山姥がハッと目を覚ますと、餅が全部なくなっていて「誰が食った」というのに「火の神火の神」などと牛方は答えます。

火の神なら仕方がない、と山姥は下に落ちて真っ黒焦げになった餅だけむしゃむしゃと食べる、という場面。

ワタクシは、この餅が本当にウマそうに思え、この話を読むたびに、こんな餅が食べたい、と思っておりました。

それで、です。

今、わが家で搗いている餅、というのが、この山姥宅の餅にかなり近いのではなかろうか、と自分では思っていて、食べる度に、ああこれは山姥宅のうまそうな餅とおんなじ、と思うのです。

そうそう、そのお餅、今バリューファームに少し出しております。

昔話の思い出と見せかけて、実は餅の宣伝でした~!

どっぺん


by sanahefuji | 2016-01-28 09:46 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(2)

焦らずいこう

久しぶりにお天道様が顔を出し、「よっしゃー今日は一日剪定じゃー!」と、いろいろの用事を急いで済ませて農場へ行くと、この方たちも日光浴の最中。
b0317003_12414965.jpg
ワタクシが午前中の作業を終えて、昼ごはんに帰る時には、ここには一羽もいませんでしたから、本当に朝日を求めて屋根に登っていたと思われます。鶏もやっぱり気持ちいいのかな。

一昨日、車で移動するのが難しかったので、歩いて農場まで来て、剪定を少しでもしようと思ったら、にわかに空がかき曇って、霰がばらばらと落ちてくるわ、風はひどいわ、雪に埋もれた足は冷たいわ、で早々に退散した、ということがありました。

やはり荒天の日は事務作業を進めるべきだった、と思ったことでした。

でも、めったにない雪景色の中を歩いて農場まで行く、という状況に、なんだか血が騒ぐというか、自分の中に活気が生まれる、ということをワタクシは感じました。そういう状況はタイヘンではあるのですが、人間を活性化させるにはキビシイ環境だとか適度なストレスというものが必要なのではあるまいか、と思ったりもしました。もちろん、程度の問題ではありますが。
b0317003_12534446.jpg
一昨日はこんな様子だったのが、

b0317003_12552580.jpg
すっかり溶けました。今日はまた春のような感じで、何が普通なのか分からなくなってしまう今日この頃。

b0317003_12580840.jpg
ブルーベリーの根元に丸い糞を発見。これはノウサギのものでしょうか?

辺りには、つい昨日くらいに、イノシシがまたまた土をほじくり返した跡もあるし、ブルーベリー畑は野生動物の領域と化していて、なんだか焦るのですが、マメに通うしかありません。

家に戻ると、いよいよトイレがこれから設置されるところでした。
b0317003_13042656.jpg
農場も「かたし」も焦ってみても始まらぬ。じっくりいこう。
b0317003_13090446.jpg




by sanahefuji | 2016-01-27 13:12 | 「うとん山農場」のこと | Comments(0)

時は流れて

今日の午前中は農業員会の総会があって、アタフタと市役所に行き、その帰りにスーパーで買い物をしてレジに並んでいる時、本当に思いがけなく懐かしいヒトに会いました。

それは、五島に来たばかりの頃に知り合ったヒトで、まだ今の家に引っ越してくる前の家だった時、長女のハナの2歳の誕生日に、娘さんと一緒に来てくれた、ということがありました。

そのハナはもうすぐ16歳になりますから、実に14年も前のことです。

五島に来たばかりでまだ知り合いもあまりいなくて、家族も3人だった時の、ひっそりとした誕生日に、そのヒトの柔らかな優しい雰囲気と、そのころ少女だった可愛いらしい娘さんが来てくれたことで、その日は菜の花のような明るい印象の一日になった、と思います。

その後まもなくワタクシたちは今のこの家に引っ越してきて、2年間のワタクシの農業研修も終わり、そのヒトとの接点はなくなってしまっていたのですが、今日ワタクシは本当にすぐにそのヒトが分かりました。

10年やそこらで外見がそうそう変わるものではないですから、そのヒトと分かるのは当たり前ですが、ワタクシが言っているのはそういうことではなくて、いろいろと大変なことがあっても、そのヒトの柔らかで優しい雰囲気や、そういうものを失わない姿勢、というのがそのままで年を重ねていたんだな、ということが分かったのです。

それがワタクシには本当に嬉しく感じられました。

ワタクシがレジを打ってもらう、ほんの短い時間の中で、そのヒトは、就職の決まった娘さんの元へと引っ越す、ということを教えてくれました。その話をしている途中に、他の店員の方から「行かないでって言って下さい」などと言われていたくらい、このヒトがこの職場でどんなにか周りのヒトビトと協調し、信頼されて働いていたか、ということが分かり、それがさらにワタクシの胸を熱くするのでした。

昨日、大雪で車の運転も出来ない中、歩いたりタクシーを使ったりして、職場へ向かったヒトビトが大勢いたように、普通に働くヒトビトがワタクシは本当に素晴らしいと思います。

誠実な仕事ぶりとか、責任のある態度などなどがヒトビトの中に感じられるとき、それはごく何気ない平凡な光景でありながら、ワタクシにはその場がキラリと光って見える気がするのです。

b0317003_14372926.jpg
ハナの2歳の誕生日、ワタクシの父親から贈られた人形は古び、その父親もこの世からいなくなり、一緒に祝って下さった母娘も五島からいなくなるということに、14年の歳月を感じます。

そんなふうに、状況は移り変わってゆくけれど、大切なものはちゃんと心に残っていくものだ、と思うのです。







by sanahefuji | 2016-01-26 15:25 | 雑記 | Comments(0)

「かまくら」完成!

お昼ごはんを食べて、コータローととーちゃんは昼寝、みんな少し休憩して「かまくら」の続き。

午前中にかなりキレイにしたはずの道路の雪が再び積もっていました。

ここ五島で、こんなことは本当にめったにあるもんじゃありません。

なので、みんなコーフン状態で、せっせと働いております。
b0317003_16243471.jpg
入口にするのにちょうどいい材木がありました。建設途中の「木ノ口かたし」、なんでもそろいます。
b0317003_16223034.jpg
完成~!
b0317003_16262551.jpg
b0317003_16285477.jpg
「かたし」から電気まで持ってきましたよ。最新式の「かまくら」です。

b0317003_20483438.jpg
中に入ってみると、びっくりするほど暖かく感じます。実はワタクシも「かまくら」に入るのは初めてなのです。

b0317003_20535372.jpg
狭いので定員は3名くらいでしょうか。餅焼いて食べたり、とかはできませんね。でもなんか楽しい。

b0317003_20565759.jpg
表札も出来ました。でも、見えなくなりそうな勢いで雪が降っていました。

b0317003_20592320.jpg
誕生カードにも記されました。

今日の大雪。





by sanahefuji | 2016-01-24 21:03 | 家族のこと | Comments(2)

雪の誕生日

b0317003_12250719.jpg
雪の日のお約束。子供は雪だるまを作るもの。

しかし、今日はこんな小さなものでは飽き足らず・・・
b0317003_12300023.jpg
姉妹で協力して大きなのを作っています。

b0317003_12344241.jpg
出来あがり。胸のボタンが女子らしく細工されておりますな。

b0317003_12383015.jpg
雪景色の「木ノ口かたし」、めったに見られません。

そして今日の雪は、雪だるまに使うだけではもったいない、ということで、今度は家族総出。
b0317003_12404033.jpg
本日、4歳になりたてホヤホヤのコータローまで動員されて作っているものは・・・
b0317003_12434781.jpg
「かまくら」です。

家の前の道路の除雪も兼ねて、雪をせっせと集めて固めます。

b0317003_12452996.jpg
ここまでやったところで昼になりました。
b0317003_12475901.jpg
ただ道路の除雪をしようと言っても「えーっ」って感じで、動かないでしょうが、こういう目的だとホントに皆よく動くこと!

わが家のような古い家でじっとしていると、ストーブを焚いていても全体はなかなか暖まらないけれど、それこそ、体の中で火を燃やすように、バッパと動くとポカポカと体も温って道路もキレイになり、そして楽しい!一石三鳥です。

さてさて「かまくら」は完成するでしょうか?

午後からは誕生会の準備もありますので、ますますせっせと働かねばなりません。

こんな誕生日も、思い出深いことでしょう。




by sanahefuji | 2016-01-24 12:56 | 家族のこと | Comments(0)

いつか見た風景

日本列島に冬将軍様が、おいでになりましたね。

しかし本日は心配していたほどヒマでもなく、いつも通りに楽しい「かたし」でした。
b0317003_19040927.jpg
まーどのそとーは、雪~♪なのですが、写真には写りませんでした。

b0317003_19051745.jpg
やはり野菜があると嬉しい売り場。

今日ヒトが来ない時には、確実にやろうと心に決めた、たった一つのことは「薪を切る」こと。

売り上げよりも何よりも、今日明日明後日のわが家に必要なのは「薪」。冬将軍様が来なさるからのぉ。

b0317003_21160261.jpg
年末に神棚の裏から出てきたこの羅針盤を見るたびに、いつもいつでも方向がぴしっと定まっているか、進んでいるかと確認。よしよし、今日も良い「かたし」の日であった、薪も切れた、というように。

b0317003_21180908.jpg
寒い日に、犬の散歩をしていた時、当たり付き自動販売機でジュースを買っていた年上の男の子が、見事に当てたジュースをワタクシに「ほれ」と差し出した、そんなことがありました。寒い中、犬の散歩などをしているヒトは、何か可哀そうに見えたのかもしれません。

b0317003_19022129.jpg
天神様の梅の花が、世の中で一番美しい花だと思っていた頃。

学校の行き帰り、道端の畑の脇の桃の木に、満開の花が咲いた時、その根元の菜の花との色彩美を、毎日見ながら通っていた頃。


by sanahefuji | 2016-01-23 21:49 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)

「よだきい体質」から「さっと体質」へ

ワタクシたち夫婦が「変わった」と書きましたが、何がどう変わったって、いろいろありますけど、一番変わったのは、いろいろなことを「すぐに」「さっと」やるようになった、ということでしょうか。

恥ずかしながら、ワタクシたちは2人とも面倒くさがりで、やりっぱなし人間でした。本当に2人とも。

それが、今ではかなりいろんなことを「さっと」やるようになりました。

それで今、三井楽の濱崎さんが明日の「かたし」のために野菜を持って来て下さいましたけれども、それも「さっと」宣伝してしまうのです。
b0317003_15105412.jpg
濱崎さんの野菜、本当に美味しいです。もちろん無農薬で、なのに100円で良いとのこと。明日から大寒波、冬将軍が参りますので、お客様は少ないかも分かりませんが、「かたし」にしてはめずらしくこれらの青物がありますので、ぜひどうぞ。

それから、これは「かたし」のことではありませんけれど、昨日、大工さんに風呂場の窓が朽ちていて・・・と言う話をしたら、今朝にはもうどこかからサッシを持って来て下さいました。もともと仕事の出来るヒト、というのは、いつでも「さっと」しているんだな、ということが分かります。

で、その風呂場の窓も、今日気がついた時にはもうこの状態。
b0317003_14124862.jpg
あれま。

b0317003_14153602.jpg
寒い日ですが、中も外もあまり変わらないので、たいしたことじゃございません。

夫も「さっと」窓をつけてくれました。
b0317003_14183916.jpg
サイズが合わなかったので、あとはこの隙間を塞げば出来上がりですね。

b0317003_14194634.jpg
外から見た図。

b0317003_14141307.jpg
ここのところの窓枠が朽ちていて、ガラス窓がずれて危なかったのです。それなのに、何年も放置したままでした。

でも、ワタクシたち、「よだきい(ものぐさ、おっくう、面倒くさいなどなど表す大分弁)体質」がすっかり改善いたしましたので、いろいろ「さっと」できるようになりました。

そう言えば、先週の金曜日は、畳も変わったんでしたね。

「さっと体質」になると、普通の日に突然、畳替えをしたり、窓枠が変わったりするのです。

いいことだなぁ。

さて、パンも焼けた。

「さっと」生ゴミ回収、行ってこようっと。

by sanahefuji | 2016-01-22 15:23 | 新生「かたし」ができるまで | Comments(0)

基礎が大事

昨日、また少し下屋が進んでいました。
b0317003_05404682.jpg
前日に夫が一人でやっていたところに、忙しい合間を縫って大工さんが来て下さったのです。本当にあっちにもこっちにも仕事を抱えていて多忙な中でも、「かたし」のことを気にかけて下さっていて、本当にありがたいことです。この大工さんを始め、旧「かたし」時代からのご縁というものに、ワタクシたちはいつも助けられています。

b0317003_05422376.jpg
旧「かたし」が終わってからのこの一年は特に、不思議なもので、旧「かたし」が存在していた時以上に「かたし」でのご縁や地域のヒトビトの支えを強く感じた一年でした。

何が何でも自分がやらねば!というような頑固さや、自分の頭の中だけで作り上げたような理想、のようなものに縛られていた自分を捨てつつある一年でもあった、と思います。

昨日、夫と2人、しみじみ「変わったよね」と話しました。

2人ともが本当に変わった、と思います。

そうすると、身近な大事なものが、それはもう本当にくっきりはっきりと見えてきて。

建物でもなんでも基礎が大事なのに、今までどうして気がつかなかったのかと。

近いものほど見えない、ってことかもしれません。





by sanahefuji | 2016-01-22 06:30 | 新生「かたし」ができるまで | Comments(0)