<   2016年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

この夏を振り返る

夏は週末ごとに何かしら行事があって、その週末を必死で越えているうちに夏が終わった・・・という感じがしているところへ急に秋風が吹いてきて、一抹の寂しさを感じます。

さて、先日の「木ノ口かたし」は「夕焼けマラソン」の経済効果を実感する週末となりました。

前日の夜、当日の昼間そして夜、と、走るヒトビトがたくさん訪れて下さいまして、ありがたいことでした。
b0317003_13215973.jpg
その「夕焼けマラソン」の日の「かたしのお昼ごはん」は、

・お刺身
・卵焼き
・野菜の天ぷら
・カボチャ入り揚げ餃子
・キュウリとキャベツの梅酢和え
・ナスとピーマンのソテー(写真撮影時には既に無く・・)
・ドーナツ
・吸い物
・カマド炊きごはん

でした。

b0317003_13201446.jpg
最初の頃は緊張していた飯炊きも、今では楽しむ余裕が生まれ、もちろん、焦げ付かせたりする失敗も皆無です!

いつかカマドを駆使して暮らす日もくるかもしれないなぁ、と思ったり。そのためにはせっせと小枝や薪を集めて山のように積まねばなりませぬから、もっとマメに働く必要がありますな。

この夏はすごく暑かったけれど、「木ノ口かたし」にお客さまがたくさん来て下さったので、働くのも楽しく、本当にありがたいことだと感じております。

そしてワタクシは結局やっぱり1回しか海に行けなかったけれど、そしてどこにも出かけられなかったけれど、本当にいい夏だった、と思います。

子供時代には遊び呆けていて(ホントに!)ついぞ出来なかった「自分の課題にしっかり取り組む」ということが少しは出来るようになったことで得られる充実感、というのが娯楽や余暇よりも何よりも嬉しいワタクシです。

もちろん心残りは膨大にあり、その殆どは農業分野のことなので、そこにどうやって到達するか、というのが今後の大きな課題です。

難しい課題ではあっても、取り組むべき課題が明確、というのは実はありがたいことかもしれません。

単細胞は実に良いノダ。







[PR]

by sanahefuji | 2016-08-29 22:17 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)

稲刈り開始!

わが「うとん山農場」で一番早くに田植えをした田んぼの稲刈りが始まりました。

昨日、まだ穂が出ていない田んぼにイノシシが入った、ということを書きましたけれども、この稲刈りを始めた田んぼは言わずもがな、早々に痕跡があったので電気柵をしていましたが、そのうちに他の田んぼにも入って、そっちに電気の装置を持って行ってしまって、電気の通ってない線だけになったらやっぱりまた入ったので、1週間ほど予定を早めて急いで刈ることにしたのでした。

今年は試しにイノシシの断末魔の叫び声、というか阿鼻叫喚というか、とにかくそういう声が流れるイノシシ撃退装置、というのをつけてみています。

知らないヒトが聞いたら何事か!?とビックリするだろうし、数分置きに流れるので人里離れた「うとん山農場」だからできる実験のようなものですが、これの効果のほどはどんなだろう。

イノシシは頭の良い動物だそうですから、すぐに慣れてしまうかもしれませんが、少しは効果があって欲しいのだけど。

それにしても、田んぼの周りはもっと激しくイノシシの足跡だらけなので少しの油断もなりません。今日ワタクシはドラッグストアにロケット花火を買占めに行こうと思います。

夜の見回りの時に田んぼに飛ばすのです。

これから11月まで順番に稲刈りが続いていく「うとん山農場」、イノシシとの闘いの火ぶたが切られたのであります。

コータローが図書館で「危険生物」という図鑑を借りて、それに付いていたDVDを見ていたら、「コモドオオトカゲ」というのが、イノシシを追いかけて、毒のある牙でイノシシを倒し、後からゆっくり食べてしまう、という場面がありました。

これを見て大いにコーフンしたワタクシたちは「よし、『うとん山農場』でコモドオオトカゲを飼おう!」などと言って盛り上がったことでした。

「でもあんなのが農場にいたら怖いよ」

という誰かの意見で却下になりました?

新米はもうすぐです!!





[PR]

by sanahefuji | 2016-08-25 13:48 | 「うとん山農場」のこと | Comments(2)

水不足&イノシシ侵入 「艱難汝を玉とす」なるか?!

うとん山農場の田んぼ、以前書いたように小さな田んぼが何十枚とあるので、このカラカラ天気でとうとう水が行き渡らなくなってしまいました。

この地域は梅雨明けしてから、ただの一度もまとまった雨が降っていないのです。

例年ならばどんなに少雨の時にも豊富に水がある「うとん山農場」の田んぼですが、今年の夏の高温と雨の少なさに、一部ではありますがとうとうカラカラになってしまう田んぼが出てきました。

しかも、そのカラカラになった田んぼ(幸い稲はまだ元気)にイノシシが入って、まだ実ってもいない稲をえぐり取ってしまう、という「事件」が昨夜から今日の未明にかけて(?)起こり、慌てているワタクシたちです。

水分がないのだから泥浴びしたわけでなし、稲の穂がないのだから実を食べたわけでなし、ただただその乾いた土がぐるりと半円形に削られて、その部分の稲は引っこ抜かれていて、この暑さで干し草のようになっていました。

穂が出る前の田んぼ、ということで油断していて何も防除していなかったのです。

夫はイノシシ対策に追われ、他のことは後回し。

去年より、確実にイノシシの影が濃い感じで、収穫を全て終えるまでは気が気でない日々です。

家族にも農場にも本当に次から次へといろいろな「事件」(ということのほどでもなくとも)が起こるものだから、「いろいろ起こるのが当たり前なんだなー」というふうに思い到っているところ。

だって皆、生きているからねぇ。いろいろあって当たり前。

平穏が訪れるのは死んでからでいい!?

なんて思ったり。

写真がないのでアレですが、今ちょこちょこと「かたし」の片付けの休憩中などにソファで10分とか15分とか読んでいる本(この時が本当に至福!「木ノ口かたし」は読書に最適環境です)、すごくいいです。

「遠藤周作 『沈黙』をめぐる短編集」というもの。

軽やかで、きれいな雑誌とか明るく楽しい本よりも、こういう少し重い文学を読んだ方が何か頭がすっきりする、というのをワタクシは再認識しているところです。

しかもこれは短編なので、隙間時間に読めるのが良いです。

最後、夏の読書感想文(にしては短すぎるが)でした。






[PR]

by sanahefuji | 2016-08-24 14:22 | 「うとん山農場」のこと | Comments(2)

その答えは風に吹かれて

「木ノ口かたし」が始まってもうすぐ5ヶ月、たまりにたまった酒の瓶。
b0317003_14183690.jpg
中学生の部費の足しにするための空き瓶回収が今日だったので、やっとやっとこれを放出することができました。

この瓶を建物の周りや中に置いておくのが本当にストレスでストレスで。あースッキリした。

旧「かたし」の引っ越しの時から、「木ノ口かたし」が始まってからも、とにかくずっと「片付け」の日々なので、ゴミは分別してどんどん出していく、という条件反射に近いものはワタクシの中に構築されました。

しかし、それでも追いつかないのが日々の「片付け」。

ヒトはどれだけ片付け続ければいいんだろう~ ♪と「風に吹かれて」いる時もありますが、片付けはできるうちにやっておけ!というのが、いろいろなお宅(特に老人世帯)を見ての教訓でございます。

また日々、ガンバローっと。

そうそう、わが家の中学生が今日、市が主催する東京見物に出かけまして、それにデジカメを持って行ってしまいましたので、写真が撮れないのです。

今頃は東京スカイツリーかな?

戻ってきてからの「土産写真」に期待しましょう。

[PR]

by sanahefuji | 2016-08-23 14:36 | 雑記 | Comments(2)

リサイクルマット大量入荷

竹の師匠の奥様が作っている、バスタオルやジーンズなどを再利用したマットが好評なので、その旨を奥様に伝えましたところ、こんなにたくさん持って来て下さいました。
b0317003_23011613.jpg
布の再利用ですから全く同じ物というのはないのですが、今回のも本当に素敵で可愛いものばかりです。小さいのならば1枚500円という破格のお値段ですから、洗い替え用に2枚買ったとしても実にお財布にやさしいマットであります。ジーンズ生地のは1枚1000円です。

布が貴重品で継ぎ接ぎでも使用していた時代はもちろんですが、洋服が有り余っている今の世の中でも裁縫の技があるといいですね。こんなのがサッと作れるって本当にウラヤマシイことです。

いつの日か「苦手克服 裁縫編」なーんて書くことが・・・・ないない。

さて話変わって、明日のオヤツ。
b0317003_23020829.jpg
最後かも、といいながら3週連続ブルーベリーを使っています。今週はココア生地にしてみました。相性はどうでしょう?

b0317003_23075756.jpg
販売分のジャムは出来ませんが、せめて自家用を。本当に貴重なのでよく味わって食べたいと思います。

明日の「木ノ口かたし」もよろしくどうぞ~。






[PR]

by sanahefuji | 2016-08-19 23:24 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)

夏休みらしいアレコレ

「盆が終わると夏休みは終わる」とはワタクシが子供のころによく言われていたことでありますが、夏休みの子供にとっては「お盆前」と「お盆後」というのは、かなり空気感が違うものではなかろうか。

そう、それは「宿題」に関する空気感にほかなりません。

というわけで、わが家でもにわかに焦ってきた子供たちが作品作りを始めました。それを横目で見ながら、ワタクシの目下の「宿題」である「掃除&お片付け」をしている最中に、こんなものをみつけました。
b0317003_22523783.jpg
タイルです。

これを何かに使えないか、と思ってひらめいたのが、「木ノ口かたし」の未完成の飾り窓に使うのはどうだろうか、ということ。

b0317003_22505774.jpg
この窓枠と壁の間がまだ何も施されないまま放置されていたのです。ここにタイルを貼ったらどうだろう、と思ったのですが、きれいに割って貼るためにはタイルを割るちょっとした道具がいるらしい。

道具を買いに走る、ということも考えましたが、何かと出費が多い夏ですから少しでも節約したい、というわけで考えたのが、タイルを小さく割って貼る、というもの。これなら鉄鎚で割れます。
b0317003_22570050.jpg
はい、こんなふうになりました。夏休みの作品にしましょうか。子供たちが窓ガラスに貼っていたブレーメンの音楽隊の皆様はこちらに移動して頂きました。
b0317003_23004686.jpg
小さな方の飾り窓に。わが「うとん山農場」にはロバこそいませんが、上の3つはおりますから、随分と似つかわしいのではなかろうか。

b0317003_23022058.jpg
中から見るとこんな感じ。そしてもう一度「福江少年少女合唱団 第40回 定期演奏会」のお知らせ。

8月20日(土)福江文化会館にて、6時開場、6時半開演ですのでどうぞヨロシク。

いよいよ明後日となりました。そうそう、その日も「木ノ口かたし」は普通に営業しておりますよ。4時には閉店いたしますのでお早めにどうぞ。

さてさて、それから今日は学校の田んぼの横でバーベキュー。
b0317003_23094671.jpg
そうめん流しの装置までしつらえております。そして、流れる水は渇水の今時期ですから無駄にせずにちゃんと田んぼに入るようになっているのです。
b0317003_23250188.jpg
6月に子供たちが田植えをした田んぼ、立派に稲が育っています。嬉しい光景です。
b0317003_23264749.jpg
ちびっ子たちも集まってきました。

b0317003_23284059.jpg
夜が更けても子供たちは走りまわっておりました。

そして当然の流れで「木ノ口かたし」に移動。

今日は大学生なども数人いたので、なんだか座がとっても活気がある感じ。

お盆を過ぎて、随分減ってはきただろうけれど、まだまだ人口増を保っている五島です。





[PR]

by sanahefuji | 2016-08-18 23:34 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(2)

夏休み最終日

というのは、高校生です。

明日から学校が始まり、弁当作りも!再開します。

まぁしかし、今年は夏休みがあっただけマシで、来年は高3ですから夏休み、無いだろうなぁ。

そして、中学生も明日からまた部活のバレーや駅伝の練習が始まるので、今日はみんなでおでかけしました。

外で昼ごはんを食べた後、この地域のおススメの場所を描くという美術の宿題が出ているアサの希望で、この地域に新しくできた展望台に行きました。
b0317003_23224638.jpg
ここからだとお隣の久賀島が端から端まで全部見えます。

b0317003_23242328.jpg
久賀島にある浜脇教会も見えます。

b0317003_23273746.jpg
海の色、美しいです。

しかし、絵に描くのは難しそうだな、と思ったりもしますが、さてさてどうなることやら。

ワタクシは風景画を描くのが苦手で、いつもイヤイヤ描いていた覚えがあります。一方で好きだったのは静物画やデッサンです。本当にヒマになったら絵を描くのもいいなぁ、と思ったりしていますが、なかなかそんな日は来そうもありません。

b0317003_23302801.jpg
ちょうど「フェリーひさか」も通りました。



[PR]

by sanahefuji | 2016-08-16 23:37 | 雑記 | Comments(0)

苦手克服 スポーツ編

ブログには毎年書いているような気がしますが、ここの地域ではお盆の14日に球技大会があります。

ソフトボール、ソフトバレーボール、ペタンクなどなどの競技があって、今年はわが家からは夫がソフトボール、ワタクシとハナとアサがソフトバレーボールに出ました。

これももう何度も書いていることですが、ワタクシは球技というものが本当に苦手、と言えばまだ聞こえがいいのですが、苦手を通り越して大キライで、なんで親睦ナントカ大会というとバレーボールなどの球技をするんだろうか、楽しくもなんともないのに、と思っていました。

なぜキライかといえば、それは単純に下手だからで、その上バレーボールなどの団体競技は対人関係の緊張も加わるのでタイヘンな苦痛だったのです。

そんな感じだったので、ここに越してきたばかりの頃は、とにかく球技大会からは逃げていました。

ブログの記録によると、2010年に初めて参加した、とありますから6年間くらいは逃げていたことになります。まぁその期間は子供も小さかったり妊娠していたり、ということもあったし。

そんなふうに球技が大キライだったワタクシは、スポーツ全般、自分がやることにも観ることにもあまり興味がありませんでした。

ところが、それが変わってきました。

何故かと言うと、いろいろなことをやっていくうちに、何をやるにも結局のところ「脳と体の使い方」がすごく重要である、と気がついたからで、そういうことに注目し始めるとスポーツというのが実はすごく面白くて奥が深いものなんだなーと思うようになりました。

愛らしい子供の絵など有名な画家の「いわさきちひろ」さんは、とてもおしとやかで大人しいイメージがありますが(実際そのようだったそうですが)、実はスポーツ万能だった、とか、作家の向田邦子さんもスポーツが得意、とかいう事実を知ると、絵を描いたり文章を書いたりする仕事であっても、「スポーツが得意」ということは実に関連があるような気がするじゃありませんか。

だからというわけではないのですが、運動神経が鈍くて走るのも遅い、泳ぐのも球技も下手、という子供の頃からの運動全般の苦手意識をなんとか払拭できないものか、とワタクシは考えました。

だいたいワタクシには苦手なものが多すぎるので、その苦手なものを避けて通っていると、人生そのものが空洞化してしまう恐れがありましたから、なるべく逃げないでやってみる、ということを自分に課すようにしてきました。

その結果、「球技大会たのしい!!」と思えるようになりました。

保育園からの帰り道(短い距離ではあるけれど)走って体の動きなどを観察するのも面白い、と感じたり、ゆくゆくはもっと長い距離を走ってみよう、と思ったり、以前の自分からは考えられない変化です。

昨日参加したソフトバレーボールに関しては、いち早く飛んでくるボールに対して正しい位置に体を運び、ボールを真に当て、正しい判断でボールを飛ばす、ということが常に出来ればいいわけなのですが、それが出来るかどうかが「脳と体の使い方」次第なのだと思います。

練習を一回だけしてあとは本番、という短い期間では、もともとが下手なワタクシはなかなか上達もしませんが、そういうことを意識して球技大会に臨むと面白くもあり、それは日常にも役に立つ経験だと感じました。

そしてですね、ワタクシたちのチームはナント優勝!したのです。

まぁコレは、他のメンバーが上手だったからなのですが、とっても嬉しかったです。

五島のしかもこの地域(スポーツ好きなヒトが多い)で暮らすのにスポーツ嫌いでは何かと不都合なので、スポーツって面白い、と思えるようになってヨカッタです。オリンピックを観るのも断然面白くなったし(以前は殆ど見なかった)。

ただし、アサヒスーパードライはやっぱり苦手なままです。

なんかすぐ気持ちが悪くなるのよね~。





[PR]

by sanahefuji | 2016-08-15 04:30 | 雑記 | Comments(2)

お盆営業は吉

今日はお盆の営業日ということで、ワタクシの予想では普段よりもヒトが来ないか、あるいは普段来ないようなヒトビトがたくさん来るかのどちらかだろうと思っていました。

普通の店ならヒトが動くお盆は繁盛するのでしょうが、天気予報では今日も暑さが厳しいと言っていたし、ここにはヒトがあまり来ないのではないか、と思っていたのです。

なのでカマドで炊くご飯をいつもより3合減らして1升2合炊きました。あまり気合いを入れてごっそり残っても、今は冷凍庫に余裕がないしな、などと思ってしまったのです。

ところが、これが読み間違えで、ご飯は足りませんでした。

昼の時間に来て下さったヒトビトには十分あったようですが、少し遅い時間に入ってこられた家族の分は足りなかったのです。

この家族というのが外国のヒトだったので、入って来た時にはワタクシ、緊張して少々ヒルみましたが、ご夫婦とも日本語がタイヘン流暢でありまして、これにはビックリいたしました。

あるものでいい、と仰られましたので、残った料理と1膳分のご飯と、昨日焼いたパンがあったのでそれも持って来て、スイカもたくさん切ってどんどん出して、先週に引き続き今週もブルーベリーケーキも全部出して、とにかくあるものを放出、という感じ。「全部オイシイでーす」と言って食べて下さいました。お刺身も普通に食べてましたよ。

今日の「かたしのお昼ごはん」はこんな感じでしたが、次々と足していった料理も全てきれいになくなりました。
b0317003_19265743.jpg

昨日のスイカに続き、今朝は魚ももらって、お盆らしくごちそうになったかな。満員御礼、ありがたいお盆の「かたしのお昼ごはん」となりました。
b0317003_19132676.jpg
朝スイカ。
b0317003_19300382.jpg
b0317003_19325168.jpg


[PR]

by sanahefuji | 2016-08-13 19:44 | 「かたし」のお昼ごはん | Comments(2)

かき氷あるいは生ビールには最適空間「木ノ口かたし」

最近は、気を確かに持っていないとどうにかなってしまいそうな暑さじゃありませんか。

夕方ラジオで聞いたところによると、福江空港では今日の最高気温が36度だったとのこと。

何年か前までは、本土でそれくらいの気温の時に五島ではせいぜい32,3度だったというのに、高温化が進んでいることを実感しますね。

前からそうですが、冷房がないので「かたし」は夏は暑いです。なんとか涼しくなるようにといろいろ工夫してみてはいますが、こんなに毎日暑いともうお手上げです。夜はいくらか涼しくなりますが、それでも冷房があるところからすれば、やっぱり暑いだろうなぁ。

なのでもう開き直って「かき氷」と「生ビール」は冷房の中よりも、こっちの方がより美味しく感じます!という線でいくしかありませんな。

というわけで、明日も暑い「木ノ口かたし」ですが、よろしかったらぜひどうぞ。

昨日の夜の部のお客様にスイカをいただいたので、それを冷やして出そうかな、と思ったり。

前々からそうなのですが「かたし」は一応お店でありお客さまにモノを提供する立場のはずなのに、逆にお客さまからいろいろなモノを頂きます。

昨日はそのスイカと可愛らしいケーキ。
b0317003_20311635.jpg
今日は卵のお客さまから果物も。
b0317003_20460419.jpg
お盆です、これも出しましょう「かたしのお昼ごはん」。

暑いですが、どうぞヨロシク「木ノ口かたし」。

[PR]

by sanahefuji | 2016-08-12 20:47 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)