<   2017年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

もう一度お知らせ

もう一度お知らせいたします。
b0317003_17515709.jpg
どうぞヨロシクお願いいたします。

中学生の職場体験が終わり、ホッとする間もなく、本日の夜は合唱団の運営委員会などがあり、明日はコータローの運動会があり、そしてワタクシは農地調査が未だ終わらず、という、実は何かこう息苦しくなる状況ですが、「木ノ口かたし」には濱崎さんのサツマイモが今年初めて入ったり、椿油が入ったり、大人気の下田茶園さんの「ほうじ茶」も入って、なんだかホクホクする感じ。
b0317003_17592558.jpg
タマネギも入っております。
b0317003_17543238.jpg
温かいお茶が美味しい季節になりました。

営業時間は短いですが、明日もよろしくお願いいたします。

[PR]
by sanahefuji | 2017-09-29 18:00 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)

佇まいは住人そのもの

昨日から中学生が、わが家に職場体験にやって来ていますが、ワタクシは前回書いた通り、農地調査の締切を抱えて、尻に火がついた状態でありますから、今日も8時過ぎには出て行って、地域をぐるりと回りつつ、知らないヒトの家にも訪ねて行って話を聞いたり、ウロウロしたりしているうちに、お昼時も過ぎ、家に戻って来たのは2時半頃になっていました。

午前中は雨が降ったりやんだり、どんよりしていましたが、戻る頃には気持ちの良い秋の空が広がっていました。

ワタクシにとっては、ヒトビトの暮らしの様子を見て歩くための大義名分が与えられたような、この農地調査のお仕事がホントに面白くてためになります。

農地を調べるにあたって、ワタクシなどが傍から見ただけでは場所がどうしても分からなかったりするので、その周辺のお宅に突撃訪問、ということになるのですが、その家の周りの様子や玄関先、佇まい、などなどが、ワタクシの好奇心をくすぐり、どんなヒトが住んでいるのだろう、というのが知りたくてたまらなくなるので、その訪問は実に楽しいものです。

ワタクシがもう何年もそういうことを繰り返していて分かったことは、家の佇まいや空気感、というのは住んでいるヒトそのものである、ということです。

一事が万事、という言葉もある通り、人間のいろいろなことは、全てに現れる、ということなのです。

まぁワタクシの家などに誰かが来た時に感じたもの、というのが、それがそっくりワタクシ自身なのである、ということです。実にそれは恐ろしいことですな。

佇まい、というのは、滲み出るものですから、表面的に取り繕ってもダメなのだ、ということも分かります。

それにしても、そのようにして地域を回ってみるに、家の周りの畑を美しく整え、倦まずたゆまず日々の暮らしを営んでいるヒトビトの姿をそこに見ることが出来て、ワタクシは静かな感動を覚えずにはいられません。

ワタクシ自身は何も出来ていないので、お恥ずかしい限りですが、いつの日にか美しい佇まいの家にしたい、と思います。家が古いとか新しいとかではなく、シャレているとかそういうことでもなく、美しい佇まいというのは、怠けることなく日常の仕事をこなし、自分の内面を磨いていくことで出来上がるハズです。

毎回の農地調査では、そのような気持ちにもなり、そしてまた、地元に生きるヒトビトに尊敬の念を抱く良い機会にもなります。

尻に火がついている状態、とは言え、ありがたいお仕事です。

さて、午後になって家に戻ると、中学生たちとの一仕事、二仕事が既に終わっていました。
b0317003_15352945.jpg
昨日からの雨で稲刈りも出来ないので、午前中は醤油の仕込みをして、午後からは鶏を絞めて解体していました。

すでにお肉になっております。
b0317003_16413467.jpg
明日は、この肉やわが家にある材料も使って料理を作ったり、「木ノ口かたし」のカマドも使ってご飯を炊いたりしてもらって、一緒に昼ごはんを食べよう、という計画です。

まだまだゴチャゴチャとした佇まいのわが家ですが、女子中学生たちにも何か得るものがあれば幸いです。











[PR]
by sanahefuji | 2017-09-28 17:00 | 農業 | Comments(0)

またしてもギリギリ

9月中に終わらせなければならない農業委員のお仕事、農地調査がまだ終わりません。

今年は、昨年まで調査してなかった地域もたくさんあって、地図を読めないワタクシにはまるで分からない、という場所がいっぱいあるので、夫に一緒に回ってもらうことにしました。
b0317003_21050956.jpg
どのように回るのが効率的か作戦会議を開いてから出発。

道なき道を車でそろそろと走っていたら、罠にかかったイノシシと遭遇したり、
b0317003_21172837.jpg
見晴らしの良い場所で深呼吸したり、
b0317003_21104392.jpg
こういう山道の先に、
b0317003_21160455.jpg
思いもよらないような、よく整備された農地が突如として表れてビックリしたり、
b0317003_21215125.jpg
「こんなところに家が!」というような場所で、ひっそりと営まれているヒトビトの暮らしの様子がワタクシには、いちいち興味深く、面白く、そしてまた、農地についてたずねていった先のお宅のヒトが面白かったりもして、時間はとられるけれど、ワタクシはこういう仕事がけっこう好きかもしれない、と思います。

しかしながら困ったことに、方向音痴で地図も読めない、という致命的欠陥がありますので、相棒がいた方が安心です。

1人で回るより、随分と気分的に楽でした。

今日たずねて行ったお宅のおばあちゃんの一人に、まるで手塚治虫の漫画に出てくるおばあちゃんのように目がパッチリとして、ホッぺがてろんと垂れていて、ちんまりと背中が丸まった小柄なヒトがいました。その方は本当にしっかりシャキシャキしていて、いろんなことをよく覚えていました。

そのおばあちゃんは、夫が手伝っている地域の買い物支援を利用しているらしく、夫もそのヒトを知っていて「オレはあのバアチャンから『若い頃は損をしてでもヒトのために働きなさい』というようなことを言われた」、と言っていました。

それはホントにそうかもしれない、と思います。

亀の甲より年の功、と言いますからね。

もちろんまだ終わってませんが、農地調査のおかげで、またいろいろ学ぶことができました。










[PR]
by sanahefuji | 2017-09-26 21:51 | 農業 | Comments(0)

運動会を語り尽くす時間が欲しい

昨日は小中学校と地域の合同運動会でした。

今週の土曜日は保育園の運動会、ということで運動会続きのわが家です。それで、お知らせなのですが、今週の土曜日は「木ノ口かたし」午後2時より営業いたします。


b0317003_19474441.jpg
来週、となってますが、もう今週ですね。午後2時からの営業ということで「かたしのお昼ごはん」はお休みさせてもらいますが、いつもは午前中で売り切れになりがちな卵が午後にたくさんありますので、卵が必要な方はぜひどうぞ。早期米(ミルキークイーン)も販売中です。

「木ノ口かたし」では、「店に入ったからには何か買わなくては!」などというふうに、お金をそんなに使わなくても別にいいんですよ。常連のヒトビトが来て下さるのは、もうホントにありがたくて嬉しいのはもちろんのこと、「何やってるんだろう」とふらりと初めて訪れてくれる方があったり、フト思い出してひょっこり会いに来て下さる方がいたりするのも、とっても嬉しいワタクシです。眺めるだけでも別にかまわないし、美味しい「ほうじ茶(タダですよ)」でも一緒に飲んでお話できたら、その時間が本当にありがたい、とつくづく感じる今日この頃です。


さて運動会、もう運動会については、このブログでもいつも熱く語ってしまうので、聞き飽きたかもしれませんが、語らずにはいられないのが運動会です。

運動会というのは、小さな集落にとっては本当に重要なものです。なぜならば小さな集落の中にある学校の運動会、というのは、ただの体育祭とか競技会ではなく、住民にとっての「ハレの日」だったからです。「ハレの日」が非日常を表すのに対して「ケの日」というのが日常のことですが、この運動会というのが「ハレの日」である、という証拠が、そのお昼の豪華弁当であります。

今でこそ、もう日常の食卓にもご馳走が並びますが、昔は特別の日しかご馳走は食べられなかったのです。

そして、普段は忙しく激しく労働をしているヒトビトが、地域ごとに座ってさまざまな競技を観戦して、ああでもないこうでもない、と話したり、アレはどこの子か、と聞き合ったり、あるいは自分も競技に参加したりしながら、昼には美味しいものを食べ、ゆっくりくつろいで過ごし、準備や後片付けでは皆で協力し合い、そして打ち上げでおとっつぁん達はヨッパライ、子供たちは子供同士で遊びつつも、そんなオトナたちの人間観察の機会も与えられる、そういう非日常の一日、というのが田舎の運動会、だったのです。

だった、と過去形にするのは残念ですが、もうそろそろ、そういう気配は薄くなりつつある、というのがワタクシの偽らざる実感であります。

時代、と言えばそれまでですが、時代は流れているのだ、と思います。

しかし、ワタクシが住んでいる地域に限って言えば、まだ、そのような感じの運動会の一日があるのが、心から嬉しいワタクシです。

地域から学校がなくなる、ということは、そういう一日が消失する、ということですから、住民にとっては一大事です。効率とかなんとかで、統廃合をあまり簡単に考えないで欲しいものです。

運動会で一番重要なのは入場行進、というのも、いつも語ることですが、この何かが始まるワクワクする感じを肌で感じる、というのがすごくいいのです。ぜひ間に合うように行って下さい、とワタクシ、運動会の運営委員でもないのに、皆様に声を大にしてお願いしたいと思います。入場行進を見物するヒトが少ない、というのが甚だ残念でたまりません。
b0317003_19490647.jpg
いつもヘラヘラしている印象のサトも、こんな旗なんか持っちゃって、6年生らしくキリッとした印象になります。高学年や中学生などはキビキビと行進し、新一年生なんかはもう嬉しくってたまらない、といったような、はりきり過ぎてバラバラに活気に満ちてしまう様子もかわいいし、たかが入場行進と思ってはイケマセン。魅力が満載なのですから。

やはり運動会のことになると、コーフンしてしまって、時間を忘れて書いてしまうので、もうこんな時間になっている!

昨年なくなってしまっていた「輪回しリレー」が今年は復活した、という嬉しいニュースについて、これも、また語るべきことがたくさんあるのですが、また今度。うーむ、でも書けるかな・・・。
b0317003_19510008.jpg
何かが続いていくこと、ということに焦点を当てると、人間の暮らしのいろいろな問題、はたまたこの世界に起こっているいろいろな問題を解決する糸口になるのではないか、とワタクシは思います。

これは決して大袈裟なことではありません。

いろいろなことは全部、つながっているからです。










[PR]
by sanahefuji | 2017-09-25 06:51 | 催し物等 | Comments(0)

いつの間にか年をくっている

10月は修学旅行シーズンらしく、五島市の民泊家庭に大勢の学生さんたちがやって来ます。

前にも書きましたが、わが家は民泊はやっていないのだけれど、修学旅行生の体験活動を引き受けています。

体験活動のメニューが少ないから、ということで頼まれて、いくつかうちで出来る体験活動の項目を作りましたが、予想としては、五島に来るのだから、釣りとか磯遊びとかシュノーケリングなどなどが人気で、こっちにはあまり来ないだろうと、気軽に考えていたところが、「ふくれもち作り体験」に女子中学生が来た、というのは先日書いた通りです。

そしたら今度は「鶏のエサやり体験」も希望者があるとのこと。お次は「肉まん作り体験」と、けっこう次々やって来ます。

来週は五島の中学生の職場体験もあるし、3週続けて中学生や高校生がやって来る、ということで、なかなか忙しい「木ノ口かたし」&「うとん山農場」でございます。

でも民泊家庭の方はもっと忙しいことでしょうからね、それくらいでつべこべは言えませんが。

この間、初めて修学旅行生の体験活動を受け入れて、とっても楽しかったので、まぁ次回も楽しくやりましょう。そして、これは民泊のヒトビトも言っていることですが、こういう受け入れをやると、いつもより掃除をちゃんとやるのが良い、ということなのです。

ワタクシもせっせと「木ノ口かたし」を掃除したので、随分と気持ちが良かったです。本来ならば、いつもちゃんとするのが当たり前なのですが、ついつい忙しさにかまけて行き届かなくて、お店のお客さまに失礼しております。本当にスミマセン。

3週続きの体験活動を起爆剤にして、いつもきちんとしておきたいものです。

それにしても、ついこの間まで自分が高校生くらいだったような気がするのに、こうして修学旅行生などを受け入れる立場になっている、というのが不思議でたまりません。もう自分の子供も中高生なのですから、当たり前と言えば当たり前のことなのですが。

そして、わが家の高校生はセンター試験のお金を振り込まないといけない、などと言ってきましたよ。
b0317003_22125718.jpg
昨日は夏の合宿代の残り1万円を持って行かないといけない、などと言って1万円をさらっていったので、ギャーと叫びたくなりますな。しかし、まだこれはほんの序の口ですから、これくらいで驚いていてはイケナイのです。そう考えると、中学生も部費とかなんとかでタイヘンだぁ、と思ってたけど、そんなのは前相撲であったということか。

しかしワタクシは自分がセンター試験を受けた時には、それがいくらかかったか、などと考えもしなかったし、全く覚えてもいないのです。

若い時というのは本当に自分のことしか考えていないものですね。

冷や汗をかきつつ、わがまま放題で、どこまでも自分中心だった若かりし頃を思い知らされる今日この頃でございます。

なので、学生さんたちの受け入れをしっかりやりたいと思っているワタクシなのでした。

そうそう、明日の「木ノ口かたし」も心を込めて、お客さまをお迎えいたします。ホントホント。今度こそ、新米をバッチリ炊きたいものです。

ではでは、明日もよろしくお願いいたします。















[PR]
by sanahefuji | 2017-09-22 22:29 | 「うとん山農場」のこと | Comments(0)

本日も長崎へ

2週間前に行ったばかりでしたが、今日もまた長崎へ。ながさき女性農業委員ネットワークの役員会でした。「順番」が回ってきて離島地区の理事になってしまったからです。

農業委員、などという身分ですら、ワタクシなど身の縮まる思いだというのに(農業部門が全然何もできてないワタクシですので)、今日の話し合いでは、今度、女性農業者の集いというのが開催されるのですが、そこで事例発表をして下さいと頼まれたりもして、いろいろなことが、アレ?なんで?と思っている間に自分の意志とはかけ離れて決まっていく感じなので、どうしよう、と冷や汗ものです。

こんなに何も出来てない者が、なんでそういうことになるのか?これが謙遜だったらいいんだけど、農業部門に関してはワタクシ自身は本当に何も出来ていない、というのが残念なところです。

今出来ていないのなら、これから頑張りなさい、という天の思し召しと思ってやるしかありません。今までの経験上、自分が何が何でもこうしたい、というだけではなく、とりあえず流れに乗ってみる、引き受けてみる、というのもいいのかもしれない、と思ったりしますので。

今日は日帰りなので、もう帰ってきました。

海上は今日も凪だった、というわけで、船内ゆっくり読書ができました。
b0317003_22030355.jpg
欲張って4冊も持って行きましたが、松本清張、やっぱりめっぽう面白く、この上下巻だけしか読みませんでした。
b0317003_22141064.jpg
人間の欲望が渦巻く都会の話ですが、どこの世界にも似たようなことはあるなぁ、と人間理解の一助になります。いやはやスリルとサスペンス、秋にはもってこいです。

しかし、農業委員としての仕事、9月中に終わらせなければならない農地調査の仕事がまだ終わってないことに、ジリジリと焦りを感じるスリルとサスペンス、これはヨクナイ。

早く安心したいものです。



[PR]
by sanahefuji | 2017-09-20 22:21 | 雑記 | Comments(0)

バァの味噌は黄金の翼に乗って

「バァの味噌」第2弾の仕込みが終わりました。

年々愛好者が増えるので、一緒に作業をする仲間が増えていき、とっても楽しいです。今日はワタクシよりも一回り年下で同じ丑年だからが、いろいろと話が合う若いヒトも助っ人に来てくれたりして、嬉しいことでした。

今朝は暗いうちから火をおこし、麦や大豆などを蒸し始めまして、その途中に、その道具などに朝日が神々しく当たり、湯気が出ている様子に充実した一日の始まりを感じました。
b0317003_14115429.jpg
やっぱりこういう作業は一人で黙々とやるよりも、お喋りしながらやるのがいいなぁ、と思ったことでした。
b0317003_14123330.jpg
モチブタ(モロブタとも言いますね)、29枚分できました。

「バァの味噌」は、まだまだ広がりそうなイキオイです。

この「バァの味噌」のことを考えると、良いものは、ヒトがあれこれしなくても、まるで自分に翼があって飛んで行くかの如く、ごく自然に広がっていくんだなぁ、と思います。そしてこちらは、何も引っかかるところとか、イヤだな、とかタイヘンだな、とか思うことがない。

何かをやっていく上での、一つの答えを出してくれているような「バァの味噌」でございます。

[PR]
by sanahefuji | 2017-09-18 14:31 | 食べ物 | Comments(0)

台風の休日

こちらは台風の暴風域には入らずに、何事もなかったのですが、わが故郷の津久見市では川が氾濫したりしているそうです。

浸水被害も出ているとのこと。わが実家は集合住宅の4階なので、浸水の心配はありませんが、近くにある市役所も浸水しているということなので、本当に大変なことだと思います。

九州は災害続きで、被害に遭われた方々が大勢いることと思いますが、状況が良くなることを願うことしか出来ませんが、お許し下さい。
たまたま今回は大丈夫だった、というだけで、いつ何時、自分たちにも降りかかってくるかは分からない、と思います。

しかし今日は台風のため、予定していた「バァの味噌」の仕込みも明日に延期したし、高校生や中学生も学校や部活が休みになり、思いがけず家族が揃う昼の食卓、となりました。
b0317003_23484916.jpg
なぜかタコ焼き。五島産のタコを贅沢に使用しております。五島はホントになんでもあるのです。

みんなが揃う食卓、笑顔の食卓、というのが目下のところ、一番の財産ではないか、と、災害列島に住むワタクシは、感じます。



[PR]
by sanahefuji | 2017-09-17 23:52 | 雑記 | Comments(0)

通常営業できました

台風接近のため、本日は予約されていた島外からのお客さまが「かたしのお昼ごはん」に来られなくなったり、夜の部も休みになったりしましたが、まぁなんとか昼の部は通常営業できまして、ヨカッタです。

本日の「かたしのお昼ごはん」は、
b0317003_23130914.jpg
・アジバーグのおろし和え
・鶏肉とピーマンの炒め物
・たまご焼き
・焼きナス&焼きオクラ
・スパゲッティサラダ
・キャベツとタマネギと油揚げの味噌汁
・カマド炊きごはん
・ブルーベリーケーキ

でした。

JAごとうの直売所で見つけた有機栽培の紅茶をメニューに加えてみようかな、などと思って試飲してみました。
b0317003_23191170.jpg
茶葉の量が少なかったらしく、ちょっと薄かったようでしたが、すっきりとした味わいでした。でもミルクには合わないので、ストレートティーが良いでしょう。

夜の部がなくなったので、のんびりと「木ノ口かたし」で晩ごはん。朝もはよからガンバッタので1パイつけちゃうよ。
b0317003_23283325.jpg
昼の残りが良いつまみになります。

米の販売が始まると、一気に心が安らぐ「木ノ口かたし」でございます。

農産物の生産および販売が、やはり肝心要の「木ノ口かたし」でございます。

なんとか卵の増産も目指していきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。






[PR]
by sanahefuji | 2017-09-16 23:08 | 「かたし」のお昼ごはん | Comments(0)

明日は平常通り営業いたします

嵐の前に、
b0317003_20205799.jpg
「ふくれもち」の葉っぱを採ってきました。昨日の女子中学生の「ふくれもち作り体験」で、けっこう消費したので、急いで調達してきました。

数日前から台風18号の動きを注視しておりまして、ひょっとして今度の土曜日は「木ノ口かたし」休業かなぁ、と思っていましたが、どうもまだ日中は大丈夫そうなので、いつも通りに開けております。

台風に備えて、いろいろお忙しいかもしれませんが、よろしかったらぜひどうぞ。

夜の部は・・・休みですね。



[PR]
by sanahefuji | 2017-09-15 20:31 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)