<   2018年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

それぞれの出発

昨日、コータローの保育園最終日でした。

最終日を車で行くなんてもったいないことはせず、もちろん「川の道」を歩いて行きました。

途中、右に行けば教会の駐車場というルートと、真っすぐ行ってその後右に曲がれば旧「かたし」の裏に出るルートがあるのですが、どっちに行くかコータローに聞いたところ、真っすぐ行く、とのこと。
b0317003_02222495.jpg
この写真にもうっすら見えますが、真っすぐ行くと、川べりに桜の木があって、ちょうど満開の桜の下を通っていくことが出来るのです。

朝から花見をしながら登園できました。

今日、進学のため五島を離れるハナが2歳の時から、今までずっと(途中わが家に保育園児がいない時期もあったけど)お世話になった「平和のばら保育園」も、わが家はとうとう終了です。

読んだり書いたりが好きなワタクシは、連絡帳で先生とやりとりするのが本当に楽しかったので、昨日は最後のページを全部使って、絵を描いてみました。
b0317003_02225738.jpg
夕方コータローを迎えに行くと、先生たちが全員待っていて見送ってくれました。

本当に安心して子供たちを預けることが出来る保育園で、「川の道」を歩いて行ける、ということも含めて、良い環境だったなぁ、と思います。

昨日は保育園で見送られ、そして今日は港で見送られることになります。

こうして子供たちは新しい世界へと旅立って行くのだなぁ、とワタクシにとっても初めての経験で、親の側も、まぁ旅立ちというのとは違うかもしれないけれど、新しい世界に入っていくような感じではあります。

何歳になっても、その時その時で新しい経験をしていくものなのですね。

それではワタクシもサト&コータロー連れで香川へ行ってきます!

前にも書きましたが、今週土曜日「木ノ口かたし」は営業しております。肉まんはありませんが、お昼ごはんはありますので、どうぞよろしくお願いいたします。








[PR]
by sanahefuji | 2018-03-29 03:01 | 家族のこと | Comments(0)

とりあえず落ち着こう

あまりにも用事が多いと、何から手をつけてよいのかが分からなくなり、物事が遅々として進まない、という事態に陥るワタクシ、これって片付けも一緒だな、と思います。物が多すぎると何をどう片付けていいか分からなくなりますからね。

まぁしかし、先週の「かたしのお昼ごはん」の記述もまだだったので、2週分まとめて載せましょう。
b0317003_21452836.jpg
これが先週。

そして、こちらが今週。
b0317003_10280313.jpg
夫はワタクシ以上に用事を抱えているため、もういつもドタバタしていて、この昼ごはんの準備の時も、下準備を失敗して2品ダメにしてしまったりして、助手のワタクシもハナも、昼近くになって厨房で慌てふためく、という事態になったりしてました。

来週は大丈夫なんだろうか、と思いますが、本人が店を開ける、というので任せるしかありません。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

どこもかしこも人員不足で、もう随分前から二人とも「役年」は途切れることがありません。まだまだずっと続くんだろうなあ、と思います。ワタクシは、別にそれ自体がイヤなわけでもないし、学ぶこともあるし、自分たちがお役に立てるならば出来ることは積極的にやろうと考えています。

それにしても多すぎて、従業員2人+児童労働(?)のわが経営が傾くのではないか、と危惧することもしばしばです。自分たちが起こした仕事を健全な経営体にして、後々は本物の従業員を雇えるくらいにする方が、それは最も将来の地域のためになることかもしれない、と思ったりもしています。

しかし、現状は既に子供の数が減り、世帯が減り、いろいろな活動のお世話役ができる人員自体が減っているわけなので次々に役がくるのも仕方がない部分もあり、自営業は地域が成り立ってこその仕事でもあり、心情的にも板挟みになり本当に苦しく難しいモンダイだと感じます。

どこの地域でも、そういうモンダイはあるようで、本当に同じようなことで皆、悩んでいるんだなぁ、ということをネット上でも知りました。

今後も人が暮らし続けることが出来る地域であるためには、若い人が戻って来やすい、とか、移住者も暮らしやすい、という地域にしないといけない、と思うのですが、それに関連して、この記事は参考になりましたので、興味のある方はどうぞ。→「若者の田舎暮らし、夫婦喧嘩の理由はコレ」地域をとるか、家庭をとるか?それとも仕事をとる?「田舎の小商い③」

とりあえず、ワタクシはあと数日のうちにハナの引っ越し準備を無事に済ませる、ということに集中しなければなりませんが、やっぱりなんか他の事がいろいろあるわけで。

そして文章の冒頭に戻る・・・というわけです。

まぁ落ち着いて落ち着いて。

気がつけばスミレの花咲く頃、
b0317003_10512203.jpg
ちっぽけだったシクラメンも花盛り。
b0317003_10294747.jpg
秋にコータローと植えたチューリップも、もうすぐ花が咲きそうで。
b0317003_10554330.jpg
一つずつ一つずつ、片付けていきましょう。






[PR]
by sanahefuji | 2018-03-25 12:23 | 「かたし」のお昼ごはん | Comments(0)

旅のお供は決めている

昨日、大学の寮に入ることが決まったハナは、29日に五島を離れることになりました。

せっかくの機会なのでお手伝いも兼ねて、今年卒園、卒業したコータロー&サトも引き連れ、四国は讃岐の国まで旅することにしました。

最近はなかなかワタクシの故郷のヒトビトに顔を見せることもなく、両親の墓参りももう何年もしていないので、ついでに大分にも寄って、そこからフェリーで四国に渡り、あとはひたすら「青春18きっぷ」でございます。

帰りは香川から快速列車で岡山に渡り、やはりひたすら鈍行で本州を通って博多まで行き、博多港で太古丸に乗って五島に戻って来る、という、ワタクシのもっとも好きなフェリー&鈍行列車という黄金旅です。まぁ予算もあまりありませんから、それは本当にちょうど良いことなのです。

子供連れですから珍道中にはなるでしょうが、昔の蒸気機関車とか、昔の汽船などの移動を思えば、快適そのものだと思います。今は庶民が大名旅行をして、大名屋敷に住むような時代なので、今回の旅は現代の庶民の旅とも言えないような類のものかもしれませんが、本当に便利で贅沢な世の中になって、その恩恵を受けることが出来て、それはやっぱりありがたいことです。

長い長い鉄道の旅ですから、お供も吟味しまして、既にスタンバイ。
b0317003_05562139.jpg
道中が豊かになること間違いなし!

各方面で無理をし過ぎて、少し乾き過ぎた心に沁み渡ることでしょう。なんだか最近、自分がものすごく冷めた人間になっている、と危惧しているのです。

そんなわけで、来週31日の土曜日はワタクシたちはいません。しかしながら夫が店を開けてくれるそうで、お昼ごはんも普通にありますので、「木ノ口かたし」をどうぞよろしくお願いいたします。肉まん&ふくれもちはお休みですが。

それは来週の話で、明日は通常通りの「木ノ口かたし」です。肉まん、いっぱい作ります!

明日の「木ノ口かたし」は、最終のハナ作お菓子もございます。

何かと忙しい春ですが、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。







[PR]
by sanahefuji | 2018-03-23 06:05 | | Comments(0)

特別な春

3人卒業組がいるわが家、卒業シーズンで、お花を頂いております。家はゴタゴタしているので「木ノ口かたし」に飾りましたが、一昨日はお客さまが多くて、この窓際席も必要でしたので、いったん花は片付けて、お店が終わってからまた飾りました。
b0317003_21430905.jpg
寒かった今年の冬がやっと終わって、急に暖かくなったせいもあるのか、「木ノ口かたし」には昼も夜もヒトビトが訪れて下さってありがたいことです。今夜は高校を卒業したばかりの若者たちの同窓会(?)が行われておりまする「木ノ口かたし」でございます。

しかしながらワタクシは処理能力が低いので、3週連続の卒業式や、その合間のお別れ会的なものもいろいろ、その上3人の新生活の準備などなど、とにかく用事がいっぱいで、仕事に関することで忘れたり抜け落ちたりしていることもあり、冷や汗かいたりしています。

というわけで、なんだかまだ全然「しんみり」出来ない感じで、卒業式などでも泣くどころではなかったのです。「『忙』とは心が亡くなると書く」とはよく言われることですが、それはなんだか実にもったいない状態ではないだろうか。

もともと抜け作でボケっとしているワタクシが、なんとか世間に合わせて「抜かりなく」やろうとするあまり、心で感じる力が弱まっているのではないだろうか、と思うのです。

茨木のり子さんの有名な詩「自分の感受性くらい」の最終章

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

というのですが、ホント、そうだなぁ、と思っているところです。

今、同窓会組に集合写真を撮るのを頼まれたので撮ってきましたが、保育園時代から知っている子供たちが、すっかりいい青年になって、こうして集まって楽しそうにしているのって、いいなぁ、と思ったことでした。

ワタクシも高校を卒業した年の春には同級生たちとお花見をしたのですが、その時、夜桜の白い花がやけに胸に迫ってきた感じを、今でもよく覚えています。

あれはやはり特別な春であった、と今になって思うのです。































[PR]
by sanahefuji | 2018-03-19 20:10 | 雑記 | Comments(0)

みかんジャムの季節です

おそらく、来週が最後かと思われるハナ作お菓子。
b0317003_21354307.jpg
みかんジャムクッキー&みかんジャムマフィンです。

あちらこちらから、夏ミカンみたいな柑橘類がやってくる季節となりましたので、せっせとジャムにして、お菓子にも使います。

今日は小学校の卒業式。

わが家にとって3つ目の卒業式が終わりました。

そうかと思えば、明日は子供の合唱団の卒団式というのがあって、それにも行かねばなりません。こちらは今年度はワタクシが保護者代表になっているので、卒団証書を渡す役なのです。

あっちもこっちも用事だらけで、さっき明日の肉まんやふくれもち用の生イーストが少ししかないことに気がついて、ガックリ。明日は肉まんの数を減らすしかありません。具はいっぱい作ったのになぁ。あーあ。

まぁ仕方がない。

ではでは、また明日の「木ノ口かたし」もどうぞよろしくお願いいたします。
b0317003_21502732.jpg

[PR]
by sanahefuji | 2018-03-16 21:50 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)

竹の時間 今シーズン最終日

本来ならば、あと2回、22日と29日の木曜日もあるのですが、3人の入学準備にてんやわんやなので、竹の時間は今日で終了とさせてもらいました。

ちょうど、作りかけの竹かごが先週出来あがっていたので、今週は師匠が修学旅行生などに行っている「マイ箸作り体験」を五島を旅立つハナと一緒にやりました。
b0317003_22544016.jpg
先週できたカゴはコレです。とうが立ったチンゲンサイも頂いてきました。

そして本日、「マイ箸作り」。
b0317003_23022207.jpg
竹の根元付近の太い部分を割っていきます。
b0317003_23033314.jpg
そして長さを揃えて、削るだけ、という簡単な作業ですが、微調整がなかなか難しいです。いくらでもやり方がありそうな感じで。

お昼までにハナが2膳、ワタクシが食事用を1膳、菜箸を2膳、作りました。

出来あがった箸でさっそく昼ごはん。
b0317003_23064625.jpg
今シーズン最後の竹の時間、自分で作った箸で、いつもながらの師匠のお宅のご馳走お昼ごはんを頂きました。

良い思い出になったかな?

[PR]
by sanahefuji | 2018-03-15 23:10 | たねわたしの会 | Comments(0)

残りわずかの働き手

こんばんは。

こちらがお久しぶり、になってしまいましたが、おかげさまで大学の入学手続きや授業料免除の申請などなど、なんとかすませました。

この授業料の免除申請のためには確定申告の書類なども必要だったのですが、それがまだ終わってなかったワタクシは青ざめました。書類が来てから締切まで1週間もなかったからです。金曜日は店の準備で何も出来ないし、この間の土曜日は卒園式、夜には「木ノ口かたし」での卒園パーティーがあったし、日曜日の午前中は町内会の総会だったり、もう本当に時間がない!

というわけで、土曜日の夜は宴会の片付けもせずに徹夜で取り組み、日曜日は子供たちに「今日は母ちゃんは何もできないから」と宣言して、ひたすら確定申告と格闘して、なんとか終わらせました。

入学手続きの期間というのは本当に短い、ということが分かりました。皆さまも今年こどもが受験生などという方は、来春には気をつけて下さいませ。今頃言っても忘れてますね、きっと。

万年人手不足のわが家ですが、高校を卒業してから、ようやく若者らしく自由な生活が出来るようになったハナが、あとわずかではありますが家にいてくれるので、この間の土曜日は、卒園式に行っている間に夜の部の準備までしてくれていました。
b0317003_20560631.jpg
働き手が一人増えるって、ホントありがたいなぁ、と思ったことでした。しかし、これもあと何日かのことですが。

確定申告をすると、数字からいろいろなことが分かって、わが経営の深刻な労働力不足を解消するためには、本当に真剣に経営を見直さないといけないのだと思うのですが、それを阻む要因というのが、いろいろ複雑すぎて、どうすればいいのか分からない、というのが実情です。

まぁしかし、確定申告&入学手続きが終わったのはヨカッタな。





[PR]
by sanahefuji | 2018-03-13 21:58 | 雑記 | Comments(4)

ハナちゃんの卵焼き

しつこいようですが、
b0317003_13221519.jpg
このようになっておりますので、よろしくお願いいたします。

両親とも卒園式に出席するためバタバタするのは間違いないので、急にヒマ人になったハナに調理を手伝ってもらうことになりました。世間と同様、わが経営も常に人手不足ですから、家にいると使われます。

それで、お得意の卵焼きはハナに任せることとなりました。

割れ卵だけでも、こんなにあります。
b0317003_13280658.jpg
そうそう、久しぶりにお菓子も作ってもらいますよ。受験生だと言っても、12月まで「木ノ口かたし」のためのお菓子作りをやってもらっていたくらいですから。

子供が良い働き手になったら、学校にとられてしまう、というのが現代なのだなぁ、と感じます。

それから、ずっと品切れ状態だった坂本製油さんの油がようやく入りました。
b0317003_13291076.jpg
ではでは明日もよろしくお願いいたします。


[PR]
by sanahefuji | 2018-03-09 13:31 | 「かたし」のこと・商品について | Comments(0)

計画性&事務処理能力の欠如人間の嘆き

昨日は3頭、一昨日は2頭、とイノシシがかかりまして、イノシシも大学進学を応援して下さっているような。なんて、そんなわけないか。
b0317003_16582824.jpg
こんな姿に、なりたくはなかっただろうに。しかし、わが家は助かります。ありがとう。

しかし、貧乏人が子供を大学にやるのはタイヘンです。

授業料免除などの膨大な申請書類が必要です。しかも、締切が来週とか、泣きそう・・。

というわけで、ブログなどゆっくり書いていられなくなってしまいました。でも締切までになんとか送らねばなりませぬ。

ガンバリマス。

そうそう、今度の土曜日はコータローの卒園式ですので、もう一度お知らせです。
b0317003_22102185.jpg
どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに来週の金曜日はサトの卒業式。

計画性がないと、こういうドタバタになるんですね。たはは。

[PR]
by sanahefuji | 2018-03-08 17:04 | 雑記 | Comments(0)

桜が咲きました

今日、国立大学の前期日程の合格発表がありました。インターネットで10時に発表されるということでしたが、ハナは高校に10時半までいる、というし、ワタクシは小学校では「6年生を送る会」というのがあって、10時50分までに小学校に行かねばだったし、で、結果を知るのは、それが終わってからでした。

小学校に行くのに、ワタクシは「川の道」を通って自転車で行ったのですが、その時にワタクシの横を、一羽のカワセミが川の水面すれすれにサ―ッと飛んで行ったのです。

前にも書いたことがありますが、カワセミはワタクシにとって吉兆を運ぶ鳥なのです。

光る川面を通り過ぎていった、その瑠璃色の背中を見て、あ、多分、大丈夫じゃないかな、とワタクシは思ったのでした。

しかし、結果を聞くまでは、やっぱりドキドキだったのですが、おかげさまで「サクラサク」となりました。満開の河津桜の下を通って、今度は中学校へ。「ふれあい給食」とか授業参観などがあるのです。4人の子供たちが、保・小・中・高、と、4つ重なる年もそろそろ終わりの季節を迎えます。
b0317003_14314652.jpg
受験のためなど、特別なことは何もしなかった(出来なかった)親でしたが、地域のヒトビトや環境、学校、そして家の仕事に子供を育ててもらったなぁ、と思います。ホントにホントにありがたいことです。

b0317003_14295840.jpg
受験の時に買ってきてくれたお土産。

本当に旅立ちの日がもうすぐです。

[PR]
by sanahefuji | 2018-03-06 15:02 | 家族のこと | Comments(0)